2013年5月27日月曜日

陸とのGWツーリング その6 Le voyage sur la moto avec Riku 6

5月2日(木)
金沢→白川郷→高山→東京、450km

朝食後にババロワをデザートに頂きました。


全部食べる勢いの陸。

朝方まで雨がしつこく残りました。
9時ごろ漸く出発。

今日はこんなルートで東京に帰ります。白川郷に寄って行こうと思います。


金沢の実家を出てものの10分で黒雲に覆われ本降りに。しくしくしく。
雨の中、一路高速道路を白川郷へ。白川郷に着くあたりで漸く雨が上がりました。


それにしても寒いです。枝垂れ桜が八部咲き。

白川郷の中の水路を覗き込む陸。虹鱒や鯉が一杯。ワタシの教育の甲斐有り、陸は魚が居そうな水は見逃しません。

今にも振り出しそうな雲の中、高山、松本を経由して夕方前に帰京しました。
二日ほど天気が良い日があったにもかかわらず、寒いか、寒くて雨が降っているか、寒くて雪が降っているか、そんな苦行のような天気が印象に残るツーリングでした。

Jeudi 2 Mai
De Kanazawa à Tokyo, 450km

Le matin, nous avons gouté du baba-roy fais mamon.
Riku a voule finir tout morceaun...

Nous sommes partis vers neuf heures, quand la pluie a fini.

Aujourd'hui, nous rentrons à Tokyo par Shirakawagou à la Gifu préfecture.

Dans 10 minuites après le départ, la nuage noir nous a attrapé.
Nous avons avancé dans la pluie jusqu'au Shirakawagou.

Shirakawagou est village très vieux protégé et enrgistré comme un patrimoine caltuel.

Il fait très froid, et il plu en peu toujours. Des serisiers ne sont pas encore en fleur. Ce n'est pas normal...

Riku regarde dans le fossé qui a de l'eau très beau. Beacoup de truite et carp nagent. Riku ne manque pas cours qui a poissons.

Nous sommes rentré à Tokyo avons soir.

Le voyage avec Riku a été toujours dans la froid ou froid et pluie pandant 6 jours.

Coin coin

2013年5月20日月曜日

陸とのGWツーリング その5 Le voyage sur la moto avec Riku 5

5月1日(水)
輪島→金沢、120km

テント泊のときは耳栓をして寝るワタシ。6時ごろ目が覚めて、耳栓を外すと弱いながらも雨がテントを叩く音が聞こえてきました。しくしくしく。

天気が回復するなら富山は入善のキャンプ場に行きたかったですが、どうも望みは薄いよう。仕方が無いので今夜もまた金沢の実家にやっかいになることにしました。

テントを片付けて10時前に能登の朝市へ。一応、市場を旅するブログですからね。
朝市を散策するうちに雨が強くなってきました。

能登の朝市の魚は本当に素晴らしいですね。30cm以上もある鯛を一尾買いました。900円でした。値切ったらもう少し安くなりそう。綺麗に捌いてくれました。奥のヒラメもとても美味しそう。

このおばちゃん(おばあちゃん?)の露店でコシアブラを一杯買いました。

それから最近じゃすっかりめずらしくなった立派な蛤が売っていたので10個買いました。
幸せ。

今日も寒いです。市場のおばちゃんらもまるで3月よ、と。

一路、高速道路を金沢に戻ります。ずっと雨の中。ワタシも陸もウェアは概ねしっかりした防水ですが、陸の手足はびちょびちょになってしまいました。実家に着いたときの陸は凍えてロボットのよう。

陸はまた金沢の実家に戻れて大喜び。

ババにねだってババロワを作って貰いました。
できあがりは翌朝です。
ワタシもワタシの弟も大好きなババロワ。うふふ。

Je me suis reveillé dans la tente sous le bruit de la pluie.
Parce que la prevision météo nous a dis il plouvait toute la journée, j'ai renoncé d'aller à Toyama et j'ai décidé de rentre chez les parants à Kanazawa.

Nous sommes passé au marché de Wajima. Le marché de Wajima est conne comme un de trois grands marchés au Japon.
Ils vendent beaucoup de poissons, legumes sovages, souvenirs domastics. Les prix des poisson sont manifiques. Pour le dinner ce soir, j'ai achté un grand drade royal, coquiagges, des legumes sovage de montagne.

Les grands mamons du marché sont très vivantes.

Nous sommes rentrés chez les parants dans la pluie. Il faisait très froid.

Riku a demandé à sa grande mamon de faire baba-roy. Moi, mon frère, et mon fils l'aiment très bien.

Coin coin,

2013年5月19日日曜日

陸とのGWツーリング その4 Le voyage sur la moto avec Riku 4

4月30日(火)
金沢→輪島、120km

今日はこんなルートです。

昼前に漸く雨が上がって雲が切れてきました。

相変わらず1000kmで300-500ccの割合でエンジンオイルを消費する我がロードスターの水平対向エンジン。今回は荷物満載でエンジンオイルを持って来なかったので、近くのオートバックスでエンジンオイルを500ccほど売ってもらって足しておきました。オートバックスで量り売りしてくれるエンジンオイルは粘度が30で、ワタシのロードスターの指定50よりだいぶ柔らかいのですが、300ccほど足すだけなので良しとします。

実家でお昼ご飯を食べてから出発。胃袋を人生の第一に据えている陸を空腹にさせると非常にうるさいので、早めの処置が必要です。

まずは「なぎさドライブウェィ」へ。
今回一度も使えなかったサンダルに網。まだ未練がましく積んでいます。
すごい風でなにもかもあっという間に塩水でべとべとになっていきます。

道の駅赤神で寝てしまった陸。晴れて暖かくなったと思ったらあっという間です。

15時過ぎに輪島郊外のキャンプ場に到着。
まずまずの天気ですが、風が強く、外で調理できるかは???

まずは買い物へ。夕市が出てると良いなぁと思いましたが、一軒も露店が出ていませんでした。スーパーでピカピカの鰯の刺身などを買って来ました。
スーパーに行く途中、岩牡蠣を捌いている人が居たので、売り物なら分けて貰おうと声をかけたら、自家用で売り物じゃないとのこと。でも結局無料で2人が食べるには十分な量を分けてくれました。感謝。

このキャンプ場の後ろには国民宿舎輪島荘があってお風呂を使わせてくれたのですが、特養に変わってしまいました。そこで、漁港まで10分ほど歩いて銭湯に行きました。

本当はお友達をキャンプに来たい陸はお風呂に来ていた地元の子ども達の中に図々しく入って行き、そのうちの2人をキャンプ場に誘いました。

お風呂から戻って夕食を作り出しましたが、強風で寒いし、バーナーの火が安定しないのでテント内で夕食を食べることに。

夕食は、
トマト、鰯の刺身、ガンモドキの煮物(酒を入れすぎて失敗)、岩牡蠣の味噌鍋、ご飯
でした。

期待にそぐわず、輪島産鰯の刺身は絶品で、陸はテント内で悶絶していました。

間も無く、テントの外で声がすると思ったら、銭湯で知り合った地元の兄弟が本当に遊びに来てくれました。
緊張していましたが、少しずつ陸といろんな話をしていました。

Mardi 30 Avril
De Kanazawa à Wajima, 120km

Devant midi, il a finis à plouvoir finalement, et on a trouvé le ciel bleu dans la nuage.
Le moteau horizontal de ma moto consome 300-500cc d'huille à 1000km toujours. Normalement je voyage avec un peu d'huille pour adjouter, mais cette fois, je n'en ai pas parce que on a beaucoup de chose sur la moto. Je suis passé à Autobacks et j'ai adjouté 300cc d'heuille.

Après avoir déjeuné chez les parents, on est parti. Parce que Riku vit pensant l'estomac est le premier, c'est très important de lui faire content. Sinon, il me demande à manger très souvent.

On est allé à « Nagisa Drive Way ». On peut conduire bordée la mer. Le vent a souffli très fort. Tout les chose colle par de l'eau de la mer.

On est arrivé à la place à camper à Wajima ver 15h00.
Il faisait assez beau, mais toujours le vent soufflait. Je n'étais pas sur que je pouvais cuisiner dehors.

On est allé des courses à marché du soir, mais aucun magazin n'existait pas. On est allé au supérmarché. Sur le chimin au supérmarché, j'ai trouvé qulque'une a préparé des huîtres sovages. J'ai pensé que ce étaient pour ventre, mais ce sont pour consomer chez elle. Mais finalement, elle nous en a partagé gratuitement. Je lui remerci.

On est allé aux bains publics au port de pêche dans dix minutes à pieds.

Riku, vrais dire, il est très triste aux amis. Il est entré dans des garçsons locals avec effronterie, et il a invité des garçons à la tente.

Quand même j'ai commencé à cuisiner dehors, mais le vent soufflait très fort. Le feu du poêle ne s'est stabilisé, on est entré dans la tente.

On a mangé,
De la tomate, des sashimi de sardine, des ganmodoki, le pôt au feu d'huître sovage, du riz.

Comme on a ésperé, des sardine a été manifique. Riku, il a boulé dans la tente par trop de délicieuse.

Les deux garçons nous ont rendu visiter. Riku et dexu garçons ont descuté beaucoup dans la tente.

Coin coin,

2013年5月18日土曜日

陸とのGWツーリング その3 Le voyage sur la moto avec Riku 3

4月29日(月)
安曇川→宮津(天橋立)→金沢、380km

今日はこんなルートです。
安曇川から天橋立

天橋立から金沢へ


朝から快晴。

まずは前日にお祭りのことを聞きつけた海津に戻って、「海津力士まつり」を見ます。

10時ごろからの「稚児行列」 です。

海津の集落の外れの神社からお年頃の女の子「稚児」をお持ちの両親が、稚児を連れ、お宮へのお供え物を担いで行列を作ります。

行列を先導する若者(景気付けを飲まされて、すでに酔っ払っている)は独特の歌を歌いながら行列を率います。



前日にお酒を購入した造り酒屋の辺りに行列が差し掛かると父親にはエネルギーが注入されます。


行列は集落を抜け、

お宮に到着します。
ここまで担いできたお供えを収め、稚児には最後の試練が待っています。


お餅?を象った輪をお宮の屋根に乗せなくてはなりません。が所詮は稚児ですし、屋根が急なのでなかなか載せることが出来ません。大抵は父親が手伝って載せます。

この後、子ども神輿、大人神輿、見越しのお宮への奉納と、夜までイベントが続くそうですが、一日ここにいる訳にも行かないので、11時過ぎに海津を出発しました。

次の目的地は若狭町にある百名水の一つ「瓜割の滝」です。あまりの冷たさに冷やした瓜が割れてしまったそうな。

名水の駐車場脇の食堂でお昼ご飯にしました。

この食堂でお食事にした本当の目的は、名水で冷やされた「くず饅頭」。
ご飯食べた後に2人で6個も食べてしまいました。

瓜割の名水からものの15分で、小浜町の「鵜の瀬」の名水に行きました。

陸が川で見つけたシマヘビ。

今日は天橋立と「伊根の舟屋」を見て、天橋立の近くのキャンプ場に泊まるつもりでしたが、夜から翌日午前まで雨の予報です。雨のキャンプはイヤなので、金沢の実家に泊まることにしました。

まだ時間があるので、天橋立だけ見に行くことにしました。
早く金沢に行きたくて、「天橋立」なんかどうでも良く、グダグダな陸。

本日三つ目の百名水、天橋立にある「磯清水」です。

ここからは高速道路を繋いで金沢に向かいます。
金沢には19時半に着きました。宮津から金沢は270kmもあって、ちょっと疲れました。


Lundi 29 Avril
De l'Adogawa du lac Biwa à l'Amanohashidaté de Miyazu, et à chez mes parants à Kanazawa

Il fait très beau du matin.

Nous sommes rentrés à Kaïzu pour regarder la fête.
Le fête commence par le défilé des filles et leurs parents.
Ils défilent dans le village jusqu'au temple shintô du village. Leurs papas portent des cadeaux au dieu du temple.
Les deux jeune hommes conduirent le dédilé en chantant une phrase patiqulière, en fait ils sont déja ivres pour se remonter.

Les camarades des papas dans le défilé leurs font boire du saké pour encourager quand le défilé passe en face du domaine de saké/

Le défilé passe dans le village et ils arrivent au temple shintôt du village.
Ils finissent le défilé des dilles après livrer les cadeaux, mais une épreve attand les filles. Elles doivent un anneau sur des toits.
Mais elles sont petites pour reusir. Finalement, ses papas leurs aideent.

Nous sommes passé deux source d'eau naturelles qui sont un de cent sources d'eau naturelles japonaises.

J'ai voule camper près de l'Amano-hashidate, mais la prevision méteo nous dit il plouvra du soir jusqu'au lendemain midi.
J'ai décidé de voyager à chez mes parents à Kanazawa. Parce que, nous avons certain temps, nous sommes allés à l'Aamano-hashidaté.
Dans l'Aamano-hashidaté, il a une source d'eau naturelle depuis 1000 ans.
Nous sommes arrivé chez mes parants à 19h30 après avoir voyagé 270km de l'Amano-hashidaté. C'était en fait fatigant.

Coin coin,

2013年5月17日金曜日

陸とのGWツーリング その2 Le voyage sur la moto avec Riku 2

4月28日(日)
郡上八幡→安曇川、200km

寒さで眠れず、辛い一晩でした。

しかし、朝から快晴。

ドマドームはなかなか使い勝手が良いですね。3本のポールの長さが一緒で、フライシートも出口が一個なので簡単で良いです。

朝食を食べて、片付けをする間にぐんぐん気温が上がってきました。

U氏は残念ながらここで帰京します。
我々もテントを片付けてから郡上八幡を再び散歩しました。

露天でコシアブラに似た山菜を買いました。

今日はこんなルートで琵琶湖の安曇川に向かいます。時間があれば安曇川で琵琶鱒を釣ってみたいのです。

少し肌寒いですが、最高の天気です。
まずは日本三大桜の一つらしい、淡墨桜を見に行きました。もちろん花は散ってしまっているのですが、通り道なので寄ってみました。

花はとっくに散っているのに、我々同様、ちらほらと観光客が訪れていました。
満開の頃に来てみたいですね。

淡墨桜の前の食堂?で昼食にしました。お昼ご飯はもう少し後にしようと思っていましたが、アマゴの塩焼きが食べたい、とウルサイ陸に負けたのです。残念ながらアマゴは無く、イワナの塩焼きでした。


ラムネ、ラムネ、ラムネと100回ぐらい繰り返す陸に負けてラムネまで買ってあげたのです。ビー球が欲しいそうです・・・まだまだお子ちゃまだなぁ。

淡墨桜から30分?程で華厳寺なるところに寄りました。参道が新緑で美しいです。紅葉の頃が素晴らしいらしです。



本堂の横に肝試しの入り口がありました。いや、肝試しなんて言ったら怒られるんでしょうが、これは一般人には肝試し意外の何物でもありません。試したい!!と言う陸にせがまれて、二百円を払って急な階段を下ります。階段を下りる前に写真に写っているオジサンから、暗闇のなかで壁に彫ってある鍵を探して下さい、と教えられます。
急な階段を下りると、まもなく真の闇に包まれます。我々の生活では普段まずは体験しない、本当の闇です。恐怖心を押し殺しながら進みますが、足元を確認するので精一杯で、とても壁に彫ってあるだか埋めてあるらしい鍵など探すことが出来ません。上下感覚も方向感覚もなくなってしまい、何とか進むうちにまた階段下に戻ってきてしまいました。鍵に触ることは出来ませんでした。

峠を越え、琵琶湖の北側をぐるっと周ります。
琵琶湖の北西の、趣のある町並みのなかで酒造蔵を見つけました。
http://www11.ocn.ne.jp/~sekka/



そそられる純米吟醸生原酒があったので四合瓶で一本購入しました。現金じゃなく、カードで支払いましたけどね。
ワタシの前に支払いをしているお客さんと蔵元の方が、翌日のお祭りの話をしているのを聞きつけました。なにやら面白そうなので、翌朝ここに戻ってくることにしました。

安曇川河口に近い、予定のキャンプ場までは一息です・・・しかしそれらしいキャンプ場が見つかりません。地元に方に伺うと数年前に閉鎖されたとのこと。

致し方なく、選択の余地なく、近くのオートキャンプ場に入りました。入り口脇の料金表にはバイクは2500円、とあったのに、受付で3100円を要求されました。バイク駐車料金らしいです。詐欺じゃないですか!?

素晴らしい天気です。

買い物をして、お風呂に入って夕食の準備中。みるみる気温が下がります。
この夜の主菜は鶏レバーとナスの炒め物、ニンニク・胡麻の味噌のソースで。スーパーで美しいレバーが安く買えたので、炒め物にしたのです。とても美味しかったです。

10時過ぎに就寝。冷え込んで、寝る時点でテント内は猛烈な結露。

Dimanche 28 Avril,
Gujouh-Hatiman à Adogawa du lac Biwa
C'étais une nuit très dure à cause du froid. J'ai très mal dormi.
Mais, il faisait très beau du matin.

La nouvelle tente, le Doma-dome est très bien. Les trois bâtons de la tente ont la même longeur, en plus, elle est sample ayant une porte seule.

Il est devenu chaud pendant du langement après petit déjeuner.

Mon camarade part à Tokyo, malheuresement. Il a perdu dans la negotiation avec sa femme de prolonger son voyage.

On s'est promné dans la ville de Gujoh encore, et j'ai achté du légume sovage.

Aujourd'hui, nous allions de Gujouh à Adogawa du lac Biwa sur la route dans les montagnes.
Il faisait très belle, quand même il faisait un peu froid.

Allors, nous somme passé à l'Awazumi-Sakura, un de trois grands cerisiers du Japon. Bien sur, des fleurs du cerisier sont déja finis, il y avait quelque touriste comme nous.
Je veux venir à le voir en fleur.

On a mangé dans un cantine en face du cerisier en repondant de Riku disant vouloir manger un poisson roti.

En plus, je suis perdu aux son demande à une bouteille de jus disant sant fois.

Après, on a passé au temple Kegon-ji. L'allée d'accès au temple est très belle. Je veux revenir à voir des feuilles rougies.

Dans le temple, il y a eu un essai de courrage. Peut être, ça doit être un des entraînements de moine, mais c'est un essai de courrage pour nous. Il faut regarder une clé dans le noir vrai. Bien sur, je n'ai pas pu le faire, parce que j'ai du faire tout pour avancer.

Après être passé les montagne, nous sommes arrivé au lac Biwa. Dans un petit village bordée au lac, j'ai trouvé un domaine de saké.
http://www11.ocn.ne.jp/~sekka/
J'ai achté une bouteille de Junmaï-Ginjou. Un autre client a descuté avec une serveuse du domain concernaint la féte du landemain. J'ai décidé revenir pour regarder la féte.

C'était pas loin du domaine à la place à camper prevu près de la Adogawa rivière, mais nous avons pas pu la trouvé. Quauq'un la bas nous a dit que la place était fermé il y avast qulques années. Margré moi, nous sommes allés à une place à camper pour auto-campe. Ça nous a coûté très cher, 3100 Yen pour une moto et deux personnes.

Le lac et temps, il faisait très beux.
Mais, le soir, il est devenu très froid encore.
J'ai cuisiné du fois de poulêt avec aubergine à la sauce de soja et sesame.

Coin coin,

2013年5月11日土曜日

陸とのGWツーリング その1 Le voyage sur la moto avec Riku 1


もう時期にワタシとは遊んでくれなくなってしまう陸をGWにちょっと長めのツーリングに連れ出しました。

4月27日(土)  東京→郡上八幡、400km
6時前に東京を出発。

Nikon D600+Contarex Planar 50mm F2 

ツーリングに行く兄が羨ましくて二階でいじけ気味の渓太。


談合坂SAで大学院の先輩のU氏と合流。U氏とのツーリングは昨年末の伊豆以来です。U氏は一泊の予定でお付き合いしてくださいました。

甲府辺りまでは寒いなりに我慢出来ましたが、甲府から諏訪に向けて高度を上げていくと気温がぐんぐん下がってきました。もやは冬並みの気温です。

諏訪で中央道を降りて、去年と全く一緒のルートで、高遠、伊那、木曾福島、開田高原、高山を経由して郡上八幡へ。こんなルートです。



Sony NEX C3(以下同)

桜で有名なら高遠城址で小休止。今年は少しだけ桜が残っていました。やはり寒いんですね。


伊那でツーリングマップルに載っていた「印度屋」で昼食にしました。
 陸の頼んだ「焼きカレー」。美味そう。

ワタシが頼んだ、伊那名物らしい「ローメン」カレーソース。うーん、値段の割に今一つ。ワタシもカレーにしておけば良かったなぁ。

外でお食事するときはデザートが付くもの、と決めている陸のソフトクリーム。



それにしてもなんて寒いんでしょう。開田高原辺りから雨がポツポツと落ちだし、長峰峠ではなんと雪に変わりました。気温も4℃まで下がりました。とてもGWと思えません。
高山で買い物をしている間、短時間でしたが雨脚が強くなりました。高山から郡上八幡までのせせらぎ街道は晴れていれば最高のツーリングルートですが、時折雨がぱらつき、そして峠で気温はついに2℃に。
今夜はキャンプは無理だなぁ、と思っていましたが、郡上八幡に近づくにつれて急激に天気が回復しました。そして郡上八幡では快晴に。ほんのちょっとの距離しかないのに信じられない天気の変わりようでした。

テントを張るのはいつもの河川敷です。本当はキャンプ禁止なんですけどね。ちゃんと清掃協力金300円払いました。改めて見ると枝垂れ桜が満開。GWにここに来るのは3回目ですけど、こんなことは初めてです。

暗くなる前に市内を散策しました。



一度市内の旅館に泊まってみたいですね。


銭湯で冷え切った体を温めて夕食を。
 
高山の「こも豆腐」 とキノコの鍋、山菜を湯がいて鰹節和え、さいころステーキ、ご飯、でした。
久しぶりにコッヘルでご飯を炊いたら、水が足りなくて芯が残ってしまいました。
夕食の間に気温がどんどん下がりました。持っているものを全て着込みましたが、外には居られなくなって宴会終了。
・・・夜は寒くて良く眠れませんでした。

J'ai voyagé avec mon fils ainée Riku qui a onze ans. Bientôt il ne préféra pas jouer avec moi.
Jusqu'à aujoud'hui, on a voyagé temps en temps, mais cette fois, je l'ai emené au voyage pendant six jours sur la moto.
Le matin de samedi 27, nous sommes partis avant six heures. Je me suis rencotré un de mon camarade de l'université à Dangohzaka sur l'autoroute de Tyuoh à sept heures.
Il faisait très froids comme hiver, sur des cols, il faisais 2 à 4 degrée seulen et en plus il neigai.
Mais quand nous sommes passés le col entre Takayama et Goujoh, le temps a chagé très rapidement. Sur le col, il a fait 2 degrée, mais après ça, le ciel bleu nous a arrivé.

Après de s'être propemé dans la ville de Goujoh, nous avons mangé dehors, mais il devait très froids rapidement. Quand méme nous avons havié toute les vetements, nous n'avons pas pu résisté à la froide, et nous avons renoncé à boire.

Pendant la nuits, c'étais trops froid pour dormir.

Coin coin,