2013年5月17日金曜日

陸とのGWツーリング その2 Le voyage sur la moto avec Riku 2

4月28日(日)
郡上八幡→安曇川、200km

寒さで眠れず、辛い一晩でした。

しかし、朝から快晴。

ドマドームはなかなか使い勝手が良いですね。3本のポールの長さが一緒で、フライシートも出口が一個なので簡単で良いです。

朝食を食べて、片付けをする間にぐんぐん気温が上がってきました。

U氏は残念ながらここで帰京します。
我々もテントを片付けてから郡上八幡を再び散歩しました。

露天でコシアブラに似た山菜を買いました。

今日はこんなルートで琵琶湖の安曇川に向かいます。時間があれば安曇川で琵琶鱒を釣ってみたいのです。

少し肌寒いですが、最高の天気です。
まずは日本三大桜の一つらしい、淡墨桜を見に行きました。もちろん花は散ってしまっているのですが、通り道なので寄ってみました。

花はとっくに散っているのに、我々同様、ちらほらと観光客が訪れていました。
満開の頃に来てみたいですね。

淡墨桜の前の食堂?で昼食にしました。お昼ご飯はもう少し後にしようと思っていましたが、アマゴの塩焼きが食べたい、とウルサイ陸に負けたのです。残念ながらアマゴは無く、イワナの塩焼きでした。


ラムネ、ラムネ、ラムネと100回ぐらい繰り返す陸に負けてラムネまで買ってあげたのです。ビー球が欲しいそうです・・・まだまだお子ちゃまだなぁ。

淡墨桜から30分?程で華厳寺なるところに寄りました。参道が新緑で美しいです。紅葉の頃が素晴らしいらしです。



本堂の横に肝試しの入り口がありました。いや、肝試しなんて言ったら怒られるんでしょうが、これは一般人には肝試し意外の何物でもありません。試したい!!と言う陸にせがまれて、二百円を払って急な階段を下ります。階段を下りる前に写真に写っているオジサンから、暗闇のなかで壁に彫ってある鍵を探して下さい、と教えられます。
急な階段を下りると、まもなく真の闇に包まれます。我々の生活では普段まずは体験しない、本当の闇です。恐怖心を押し殺しながら進みますが、足元を確認するので精一杯で、とても壁に彫ってあるだか埋めてあるらしい鍵など探すことが出来ません。上下感覚も方向感覚もなくなってしまい、何とか進むうちにまた階段下に戻ってきてしまいました。鍵に触ることは出来ませんでした。

峠を越え、琵琶湖の北側をぐるっと周ります。
琵琶湖の北西の、趣のある町並みのなかで酒造蔵を見つけました。
http://www11.ocn.ne.jp/~sekka/



そそられる純米吟醸生原酒があったので四合瓶で一本購入しました。現金じゃなく、カードで支払いましたけどね。
ワタシの前に支払いをしているお客さんと蔵元の方が、翌日のお祭りの話をしているのを聞きつけました。なにやら面白そうなので、翌朝ここに戻ってくることにしました。

安曇川河口に近い、予定のキャンプ場までは一息です・・・しかしそれらしいキャンプ場が見つかりません。地元に方に伺うと数年前に閉鎖されたとのこと。

致し方なく、選択の余地なく、近くのオートキャンプ場に入りました。入り口脇の料金表にはバイクは2500円、とあったのに、受付で3100円を要求されました。バイク駐車料金らしいです。詐欺じゃないですか!?

素晴らしい天気です。

買い物をして、お風呂に入って夕食の準備中。みるみる気温が下がります。
この夜の主菜は鶏レバーとナスの炒め物、ニンニク・胡麻の味噌のソースで。スーパーで美しいレバーが安く買えたので、炒め物にしたのです。とても美味しかったです。

10時過ぎに就寝。冷え込んで、寝る時点でテント内は猛烈な結露。

Dimanche 28 Avril,
Gujouh-Hatiman à Adogawa du lac Biwa
C'étais une nuit très dure à cause du froid. J'ai très mal dormi.
Mais, il faisait très beau du matin.

La nouvelle tente, le Doma-dome est très bien. Les trois bâtons de la tente ont la même longeur, en plus, elle est sample ayant une porte seule.

Il est devenu chaud pendant du langement après petit déjeuner.

Mon camarade part à Tokyo, malheuresement. Il a perdu dans la negotiation avec sa femme de prolonger son voyage.

On s'est promné dans la ville de Gujoh encore, et j'ai achté du légume sovage.

Aujourd'hui, nous allions de Gujouh à Adogawa du lac Biwa sur la route dans les montagnes.
Il faisait très belle, quand même il faisait un peu froid.

Allors, nous somme passé à l'Awazumi-Sakura, un de trois grands cerisiers du Japon. Bien sur, des fleurs du cerisier sont déja finis, il y avait quelque touriste comme nous.
Je veux venir à le voir en fleur.

On a mangé dans un cantine en face du cerisier en repondant de Riku disant vouloir manger un poisson roti.

En plus, je suis perdu aux son demande à une bouteille de jus disant sant fois.

Après, on a passé au temple Kegon-ji. L'allée d'accès au temple est très belle. Je veux revenir à voir des feuilles rougies.

Dans le temple, il y a eu un essai de courrage. Peut être, ça doit être un des entraînements de moine, mais c'est un essai de courrage pour nous. Il faut regarder une clé dans le noir vrai. Bien sur, je n'ai pas pu le faire, parce que j'ai du faire tout pour avancer.

Après être passé les montagne, nous sommes arrivé au lac Biwa. Dans un petit village bordée au lac, j'ai trouvé un domaine de saké.
http://www11.ocn.ne.jp/~sekka/
J'ai achté une bouteille de Junmaï-Ginjou. Un autre client a descuté avec une serveuse du domain concernaint la féte du landemain. J'ai décidé revenir pour regarder la féte.

C'était pas loin du domaine à la place à camper prevu près de la Adogawa rivière, mais nous avons pas pu la trouvé. Quauq'un la bas nous a dit que la place était fermé il y avast qulques années. Margré moi, nous sommes allés à une place à camper pour auto-campe. Ça nous a coûté très cher, 3100 Yen pour une moto et deux personnes.

Le lac et temps, il faisait très beux.
Mais, le soir, il est devenu très froid encore.
J'ai cuisiné du fois de poulêt avec aubergine à la sauce de soja et sesame.

Coin coin,

0 件のコメント:

コメントを投稿