2014年12月21日日曜日

房総ツーリングで歯鰹に出会ったこと J'ai rencontré une bonite spécifique pendans le voyage à Bousou

12月6日(土)

実に3ヶ月ぶりにバイクのエンジンに火を入れることにしました。大学の先輩U氏と房総半島に日帰りツーリングへ。泊りのつもりで話をしていましたが、大寒波襲来やらU先輩の都合で日帰りに。

アクアラインの海ほたるに10時到着。約束より30分遅れになってしまいました。

 Nikon D600 + Sigma 35mm F1.4
ノンストップで洲崎灯台までやって来ました。


洲崎灯台から東京方面の眺望。富士山は残念ながら雲の中でした。


お昼ご飯の時間が近づいで来ました。U氏がGWに行った店を目指します。
そのお店は魚屋と定食屋その他を兼ねる「カネシチ水産」です。

店に入るとまずは魚屋で、新鮮そうな魚たちが迎えてくれます。
100g当たりで書かれると高いんだが安いんだかちっとも分かりません。

鰤はちょっと歌舞伎役者のようですね。

ヤガラやら鯖やら美味しそうな魚が並んでいる横に、

なんと、歯鰹が居るじゃないですか!!
とっても新鮮そう。高知とかでしか獲れない魚と思っていました。お店の人曰く、房総でも結構揚がるけど、今年は特に多いそうです。

さて、ワタシが選んだ定食は1200円の鯵のタタキがご飯に乗ったものに、

+600円で刺身を付けてもらいました。うほほほ、歯鰹なのです。絶品。

我が家の夕食に大きな歯鰹の半身(780円!!)を買いました。

この後は鴨川から一路東京へ。7年ぶりの房総ツーリングでした。

さて、夕食に家族で歯鰹を食べたのですが、もう取り合いでした。マグロの味がする鰹と言う不思議な魚です。

Samedi 6 Décembre,

J'ai voyagé à la Bousou peninsule en moto avec a copin d'universitaire. C'est depuis trois mois que je démarre la moto.

On s'est rencontré à Umi-hotalu de Aqua-line à 10 heures, et on est arrivé à l'extrémité de Suzaki.

On a fait le retour de la peinsule. A midi, on est venu à un poisonnier qui dérige resutaurant aussi. J'ai trouvé un bonito specifique qui s'appelle Ha-Gatuo. J'ai su ce poisson dans un livre qui raconte des noriture à Sikoku, et j'ai pensé ce poisson était attrapé que là-bas. C'est un bon étonnement que je peux manger ce poisson ici. Ce poisson sambre comme un bonito, mais il a gout d'un thon.
Les poissons frais sont vendus dans ce magasin. J'ai acheté moitier de Ha-Gatuo à seulement 780JPY, 5 euros à peu prés.
J'ai mangé un menu des poissons.

Le soir, on a mangé ce poisson cru chez moi. C'était une competition de garder des morceax du poisson.

Coin coin,

2014年12月1日月曜日

今年も美しい蟹がやって来た Les beaux crabs sont arrivés cet année aussi

11月22日(土)

とある土曜の午前に金沢の近江町市場の魚屋から届いたものは、

金沢の実家から今年も送られて来た香箱蟹(こうばこがに)でした。


その雄が産地によってズワイガニ、松葉ガニ、越前ガニと呼ばれる蟹のメスです。サイズも値段も断然、雄蟹がずば抜けるのですが、我が家は断然この小ぶりの雌ガニ、香箱蟹がお好みなのです。小ぶりとは言えない、ずっしりとした香箱蟹たち。うふふふ。

がおー、食ってやる~。
毎年のコピーのようですいません。

あ痛たた、ちょっかい掛けたら鼻挟まれた~。

お約束、「あ、この蟹、まだ生きてるよ!?」

この後の写真はありません。奥さんが丁寧に捌いてくれた蟹を、指がふやけるまで綺麗にほぐして、醤油と酢であえてご飯にかけて食べて昇天してしまったのです。

ところで、奥さんが捌いた蟹にまさに取り掛かろうとした時に我が家の長男はワタシの逆鱗に触れる言動を二連発。長男、この夜は蟹をお預け喰らったのでした。


Samedi 22 Novenbre,

Un boîte qu'est envoyé un samedi matin.
Ce sont des beaux crabes de la mer norde au Japon qui s'appelle Koûbako. Celle de mâle s'appelle Zuwaï, Matsuba, ou Etizên, sont beaucoup plus grand et cher. Mais chez nous, nous aimons la femelle. Elle est plus petite, par contre plus fine et son gout est plus excellent.

Les photos sont pareils depuis plusieur ans.
Je n'ai pas pris de photo aprés ça. J'ai été trop concentré de démonter les crabes.

Coin coin,