2015年7月26日日曜日

渓太が仏検3級に合格したこと Keïta a reussi 3ème niveau du langue fransais

7月9日(木)

渓太が仏検3級に合格しました。
自己採点より1点多い78点でした。

ワタシがフランス駐在から帰国して37歳の時に合格した3級を10歳で合格した渓太、本当に偉いぞ。

渓太は次は準2級か2級を受ける約束をワタシとしたのですが、今度はさすがに難しいだろうなぁ。なんせ渓太は答えは判るけどその文法的な意味は殆ど理解していませんからね。

Jeudi 9 Juillet,

Keïta a reussi du 3ème niveau de Diplôme d'Aptitude Pratique au Français, "Futsuken" en japonais. J'ai gagné ce niveau quand j'avais 37 ans après je étais rentré de la france. Il l'a reussi quand il a 10 ans!! Felicitation!!

Coin coin,

ビストロナガミネでの夕食 Le dîner au Bistro Nagaminé

6月27日(土)

あわわ、一月前の記事になってしまいました。

ちょっと前に行ったばかりですがまたもや喜多見のビストロ・ナガミネへ。


相変わらず良くこの値段設定で頑張っていると思います。
今夜は何を食べようかな。ビールを飲みながら思案。陸は相変わらず一番高いコースにさせろと煩いです。

今夜のワインはDomaine Amiot Servelle, Chambolle Musigny, Les Bas-Doix, 2007
下の記事の生産者です。
http://worldmarche.blogspot.jp/2012/05/3-les-viticulteurs-en-bourgogne-3.html 
思ったよりレンガ色で枯れているかなと思いましたが、ぜんぜん開いて来ませんでした。

奥さんと陸の前菜三種盛り合わせ。

ワタシだけ贅沢なアラカルトで前菜はパテ ドゥ カンパーニュ。

ワタシのパテは子供達の奪い合いの憂き目に会い、ワタシが食べたのは三分の一・・・

今夜の主菜は、
ワタシが豚足の骨付肉マスタード風味パン粉焼。もう少し”肉”が付いていると良かったなぁ。

渓太は鴨モモのコンフィ。相変わらず絶品。

 奥さんが豚スライスとごろごろ野菜のトマトソース。

んで、この幸せそうな陸の選択は、豚ロースのロースト300gでした。

幸せそうね。

奥さんと陸のデザートは、
キウィフルーツのタルトに

あれ、なんとタルトだったっけ。すいません、時間が経って忘れてしまいました。

いつも通り幸せな一時でした。この値段設定はパリよりずっと安いです。
次は鹿とか猪が食べたいです。

Samedi 27 Juillet
On a dîné au Bistro Nagaminé à Kitami depluis pas longtemps.
Toujours ce restaurant nous propose la cuisine française du bistro à bas prix.

Coin coin,


2015年7月5日日曜日

渓太とのGWツーリング7日目 Le voyage en moto avec Keïta en Golden Week, 7ém jour

5月8日(金) 能登・佐渡ツーリング7日目

今日は佐渡から本州に戻ります。

撤収後。
今日も素晴らしい天気。

今日のルート。

お昼前のフェリー乗船まで時間があるので宿根木の集落にやってきました。

時間が止まったような一角。

べた凪で帰りのフェリーは殆ど揺れません。渓太はすぐに熟睡。

お昼すぎに上越に上陸、まずは岩の原ワイナリーへ。


久々にカビ臭いセラーの匂いを嗅ぎました。

16時頃、野沢温泉に到着。
兼ねてから泊まってみたかった「粒麗荘(つぶれそう)」です。

パニアケースを降ろして身軽になったら10分弱の所にある野沢温泉へ。
野沢温泉の外湯の多くは熱すぎて入ってられないそうですが、まずは、その中でも適温らしい「熊の手洗い湯」へ。
う~ん、素晴らしい湯です。入浴者が多くて内部の写真はありません。

続いて野沢温泉では珍しく白濁した湯らしい「松葉の湯」へ。

お色気渓太シリーズ。
実は大人でもとても入って居られないぐらい熱いです。渓太にちょっとだけ入っていてもらいました。撮影後ワタシもエイ・ヤと入りますが10秒限定。そこへ地元の人がやってきて水で温めてもらって漸く浸かってられる温度になりました。放っておいたら地元の人でも入れないぐらい熱くなってしまうそうです。

宿に戻ったらアペリティフのお時間です。

贅沢な屋外の薪ストーブの前でビールを。ひ~、し・あ・わ・せ。

少なめで、とお願いしてあったのにやっぱり食べきれない程の夕食。

ご主人と話しながら飲み食いしていたら、ワイン一本があっと言う間になくなってしまいました。


5月9日(土) 能登・佐渡ツーリング8日目

ついに東京に戻る日です。午後から弱い雨の予報。
朝飯前に野沢温泉の外湯へ。
一湯目は昨日と同じ熊の手洗い湯、二湯目はそのすぐ近くの上寺湯でした。宿の女将さんによると上寺湯も普段は熱くて入ってられないそうですが、ワタシが入った時は適温で、独り占め。




10時頃宿を出発、早くも雨がぽつぽつと落ちてきました。
志賀草津道路を経由して雪の大壁を見て帰ろうと思いましたが、山の上の雲を見て、さっさと高速道路で帰京することにしました。
所々ポツポツと振られましたが、幸い濡れずに16時頃帰宅しました。


Le voyage en moto avec Keita en Golden Week, Vendredi 8 Mai, 7ème jour

Il fait très beau. On rantre à l'île principale du Japon.
Avant de prendre le bateau à midi, on est venu au vieux quartier de Shukunegi. Ce quatier se mantien son visage depuis Edo époque.

La mer au retour est comme un mirroir. Le bateau ne roule pas du tout. Keïta s'est endormit tout de suite. Il doit étre fatigué aussi.

On est passé au domaine de vin à Joetsu.

Vers 16 heures, on est arrivé au quartier de à la source thermale de Nozawa. On sejourne à petit hôtel qui d'appelle Tsuburei-sou.
http://www.geocities.jp/tsubure_so/

Après avoir déchargé des bagages, on est venu au centre du quartier de à la source thermale de Nozawa pour prendre des bains publics.
On a pris deux bains, Kuma-no-te-arai-yu, la source ou un ours se lavait ses mains, et Matsuba-no-yu, la source des fuilles de pin.
C'est une heureux de japonais.

J'ai bu un aperitif en face d'un poêle de charbon dehor. Incroibrement heureux. Et j'ai bu du vin que j'avais achté au domaine.


Le voyage en moto avec Keita en Golden Week, Samedi 9 Mai, 8ème jour

C'est un jour que finalement on rentre à Tokyo. Mais la prevision météo nous dit qu'il pleuvrait après midi.

Avant le petit-déjouner je suis venu aux sources thermale encore.

Nous sommes parits vers 10 heures. Il a commencé de pleuvoir un petit peu déja.
J'ai voulu passer par la route entre Shiga et Kusatsu, mais j'ai décider de rentrer à Tokyo rapidement sur autoroute apres avoir vu des nuages sur les monts.

Coin coin,


2015年7月4日土曜日

渓太とのGWツーリング6日目 Le voyage en moto avec Keïta en Golden Week, 6em jour

5月7日(木) 能登・佐渡ツーリング6日目

今日は島の北東部をぐるっと巡って、良い川を探して釣りをする日です。

本日のルート。

美しい田園風景ですね。

本当は最北端まで行く積りはなくて山越えして北側に出ようと思ってましたが峠道が通行止めで結局ぐるっと一周する羽目に。まあ、下記の二ツ亀のキャンプ場を偵察したかったのでそれはそれで良いのですけどね。

二ツ亀。亀じゃなくて「モスラだっ!!」と渓太。

佐渡の北側はお昼ご飯を買えるお店が殆どありません。 お昼ごろ漸く高千集落でJAストアを見つけました。
JAの後ろの高千漁港でお弁当を食べました。

小河川を偵察しながら南下しますが、結局昨日の戸地川より良い川が見つかりませんでした。で、戸地川の昨日釣り上がった所から川に入ります。

うお~、この釣れそうな雰囲気! なのに渓太には当りが来ません。

脈釣りですが、水深を図って餌を流せない渓太は根掛り連発。針を外しに冷たい水に入る渓太。いや、殆どはワタシが外しに行ったんですよ!?

ちーん、約三時間で当りすら無し。

両津のスーパーで買い物して三度畑温泉へ。
他の温泉も行ってみたかったのですが、広い割に交通の流れが今一つな佐渡で移動に時間が掛ってしまい、結局帰り道の途上にあるここに。

やっぱり日暮れの頃キャンプ場に戻りました。
うぐ、うぐ、うぐ、ぷは~。

佐渡で素晴らしいツマミを見つけました。甘エビの素干し。甘エビをたた干したたけの素朴な味ですがカッパエビセンよりずっと止められない。

今夜は佐渡の加茂湖の牡蠣のオイスターソース炒めでした。

Jeudi 7 Mai, 6éme jour

On a fait le tour de la coté norde d'île de Sado pour chercher une belle rivière.
La coté norde de Sato est très isolé, on n'a pas trouvé de magazin pour acheter déjouner. Mais finalement, on a pu achter des bentôt, lea petit panier de repa à Takati. On a mangé des bentôts au port poisonnier tranquille.

On a avancé en chercant des belles rivières, mais finalement le rivière ou on a péché hier a été la meilleure.

Voila, on a recommansé de pêcher de la place ou on s'est arreté hier. La rivière nous a montré une atomosphere que on pourait pêcher, mais aucan poisson...

On est rentré à la place camping au moment de la couché du soleil.

Une canette de la bière me donne un heureux.
J'ai trouvé une belle nouriture. C'est unr craivette seche. Manifique.

Coin coin,