2016年6月13日月曜日

能登半島自転車ツーリング 4日目 Le voyage en vélo au Noto penisule 4èm jour

5月2日(月) 4日目。

今日は長丁場です。5時過ぎには起床。

折角早起きしても、渓太が今一つ片づけの戦力にならないので、出発準備には時間が掛ります。6時過ぎに出発。

4日目のルート。
能登島を経由して和倉温泉までの100km弱。寄り道や買い物を含めれば100kmを超えるでしょう。果たして父子共に体力が持つか!?

8時過ぎに九十九湾に到着。

漁港では「とも旗」祭りの準備中でした。祭りを見たい所ですが、長いすると和倉温泉に到着するのは絶望的なので出発。
登校する子供達を見て、 ああ、今日は学校サボりなんだ、と身悶えしています。

ヒーヒー言って峠を越えて、10時半頃穴水到着。PAのボラ待ち櫓前にて。12時に能登島水族館到着が目標だったのですが、最早絶望的。

能登島に入ってから、能登島北側を水族館に向かう道は、ヨレヨレの親子には本当にしんどいルート。

13時過ぎに能登島水族館到着。
ワタシは水族館入り口のベンチで寝ていたかったのですが、渓太が許してくれず、眠い目を擦りながら館内を一巡。

もう、一歩(一漕ぎ)もしたくありません。水族館から県道に出るのにイキナリ登り坂だし。が、能登島内にはキャンプ場や温泉はあってもスーパーが無い。仕方ないので和倉温泉を目指します。

15時半、能登島大橋を渡り、ほぼ予定時刻に和倉温泉へ。偉いぞ、渓太。

和倉温泉には、温泉もスーパーもふんだんにありますが、キャンプ場はありません。今夜は公園の一角を拝借して野営えす。

買い物をすませて、和倉温泉の総湯へ。
良い湯ですね。夕暮れが迫っており、長湯出来なかったのが残念。


Davidに教えて貰った所に幕営。ゲリラキャンプなので場所はお教えできません。
悲劇?はこの後起きました。

1.まだ肌寒いGWなのに、ここは蚊柱が立つほどの蚊の巣窟でした。でかくて丈夫で真っ黒な無数の蚊が、日が落ちて気温がぐんぐん下がってもたかってきます。テント後ろの藪下はドブ川でした。

2.蚊に気を取られた渓太が、米を研いで水に漬けてあったコッフェルをぶちまける。散々注意したのに。ワタシは爆発。渓太は蚊の中を芝生から米を拾わされるのでした。

3.蚊の猛攻に撤収、引っ越しを決定。真っ暗の中、500m程離れた場所へ移動します。100km以上走った日なのに、もう、へとへと。

4.疲れ切ったワタシは真っ暗な公園内の道で40cm程の段差があるのに気付かず突っ込んでしまう。ワタシも自転車も大事はありませんでしたが、ハンドルのエンドバーを折ってしまう。
これが折れてくれたことでハンドルなんかが守られた、と思うことにしましょう。

まあ、色々ありますよ。とほほほ。

Lundi 2 Mai, 4ème jour.

Nous nous sommes reveillés tôt, pour avancer beaucoup aujourd'hui.
Nous nous sommes partis vers 6 heures.

Dans 2 heures, nous nous sommes arrivés à un pitit port. Les gens là bas ont été en train de preparation de la fête.
J'ai voulu regarder la fête, mais si on consommes trops de temps là bas, ce n'est plus possible d'arriver à la source thermale Wakura aujourd'hui.

On est passé le village d'Anamizu vers 10h30. En face d'un ancien filet de pécher des poissons.

Nous sommes passé beaucoup de petits cols jusqu'à Noto-jima Aquarium. C'était dur. J'ai très sommeil, donc j'ai voule dormis sur un banc à l'entrée de l'aquarium, mais Keïta m'a visiter avec lui. 

Vers 15h30, on est arrivés à la source thermale Wakura, après 100km en vélo. Bravo, Keïta!!

Coin coin,

0 件のコメント:

コメントを投稿