2016年12月26日月曜日

じゃじゃ馬のDeore化1 De ramplacer des pieces du Jya Jya Uma 1

2016年11月

フランス人の同僚Davidから買った、と言うか高値で押しつけられたSurly Long Haul Truckerです。
はい、ワタシこの自転車がいやでいやで仕方がありませんでした。
Davidが日本一周でこきつかったこの自転車、フレームは世界旅行をする自転車乗りに支持されるものですが、部品は全くの安物が使われています。そしてDavidのヤツがまったくノーメンテなもんで、もうフレーム・サドル・ハンドル以外はよれよれです・・・この自転車にそこそこの金を払ってやったワタシの人の良さ、と言うかバカさ加減に腹が立ちます。

コンポはシマノの一番下のグレードのAltusが使われています。イヤ、Altusだってちゃんと調整すればなんの不満もない仕事をしてくれますが、何と言っても格好悪い。渓太の5.6万円の自転車と同じコンポと言うのが悲しい。

フロントチェーンリング。ギアとクランクが一体化していて、ギア比変えるには全交換が必要。あ、ペダルは陸と伊豆弾丸ツーリングに行く前に交換しました・・・感動。ペダル交換しただけでギア1段分ぐらい軽くなったと思う。気のせい半分でも軽くなったには違いない。そもそも、三枚目のアウターギアなんて一切使わない、ただの鉄の重りです。交換に当ってはフロント二速化を図る。

まずはワタシの脚力を摩擦熱に変えてしまう部品から交換に着手します。部品は基本的にシマノの中級グレードDeoreに統一します。
前後ホイールが到着。

リムはARAYAのTM 840F
ハブはDeoreです。

後輪のハブの感触が少し硬く感じたので一回バラしてベアリングをグリースアップして組み直す。
前輪はハブスパナがの手持ちが無く、取りあえずそのまま使うことにする。

ちなみにこれがオリジナルのハブに着いていた玉押し。使用中に着いた傷と言うよりは鋳造の巣に見える。これを見た時に部品の全交換を決断しました。
後輪のカセットスプロケットを外す工具、リムテープ、チューブ。新ホイールは仏式バルブで、既存の米式バルブのチューブが使えないのが微妙に痛い。

途中は省略して新ホイールに既存の8速スプロケットを移植したところ。リアディレーラが届くまでは当面既存のAltusを使う。

で、Amazonの箱が来ると面白いことをやってくれる渓太の出番です。
戦車、だそうです。横から砲塔もでていて、輪ゴムが飛んできます(笑)。

Novenbre 2016
J'ai commensé de remplacer des pieces de mon vélo à la sérié du Shimano Deore.

Coin coin,




0 件のコメント:

コメントを投稿