2017年1月7日土曜日

じゃじゃ馬のDeore化3 De ramplacer des pieces du Jya Jya Uma 3

2016年11月
引き続き自転車記事
*こんな趣味記事、このブログをご覧の皆さんの殆どにはなんの興味もないでしょうが、ワタシが参考にした多くのブログにお礼の意味を込めて、後進の方のご参考に記事にします。
Amazonで買った部品がさらに続々と到着する。
前後ディレーラー
カセットスプロケット
箱には11-34Tと書かれていますが、最大ギアは36Tです。Shimanoの誤記ですね。

チェーン


ブレーキとシフトレバー

新旧スプロケット。8速→10速。10速は要らないけど、現行Deoreを使う以上選択の余地なし。
ギア比はこのように変更される:
旧ギア比
アウターは不要なので廃止。勾配10%の下りでもミドル最大の3.45あればそこそこ踏めるし、そもそも下りでスピード上げることはしないので、そこで割り切る。最小ギア比は特に荷物満載の上りで全く足りないので選択肢が許す範囲でギア比を落としたい。

新ギア比
最大ギア比を維持して最小ギア比を一番小さくできる組み合わせ。最小ギア比は-25%、要するに登坂力25%アップ。フロントチェーンリングを22-36とする選択肢もありますが、そうすると最大ギア比が維持できないので、今回は24-38の組み合わせを選択。

リアディレーラー取り付け。うふふ、カッコいい。ギアトータルキャパが大きいSGSモデル。

フロントディレーラー。アップスイング・ダウンプル。

リアの調整はマニュアル通りで簡単に済みましたが、フロントの調整には半日掛りました。下手くそなだけですがね。試行錯誤している内になぜか良い調整位置に落ち着き、全ギアで音鳴り無しでスムーズに変速できるようになりました。

Deore化完了。最早、じゃじゃ馬、ではないのだ。は~、すっきりしました。漸くこの自転車が自分の物になった気がしてきました。
・・・傷だらけのホイールも再塗装したいなぁ。

前後ハブ、ホイール交換、コンポのDeore化の効果はなんと言っても走行抵抗の低減、そして最小ギア比の変更です。Deoreの変速性能は感動と言う程のことはないが、Altusでは時々発生していた中途半端な変速になってしまうようなことが解消されましたし、特にギアを上げる時にスパッと短時間で決まるのは気持ちが良いですね。以外と便利なのはシフターのツーウェイリリースで、気分で押したり引いたりどちらでもシフトアップの操作が可能です。今はアップ・ダウン共に親指で済ませるスタイルに落ち着きました。

ついでに陸の赤ワイン号のスプロケットも最小ギア比を1.0→0.8に落としてあげました。

さあ、これで年末ツーリングに出発する準備が整いました。

Novenbre 2016
J'ai fini remplacer des pieces de mon vélo à la sérié du Shimano Deore. Il ne s'appele plus Jya-Jya Uma.

Coin coin,

0 件のコメント:

コメントを投稿