2017年5月21日日曜日

山陰自転車ツーリング 3日目 Le 3em jour du voyage en vélo à la côte de Sanîn

2017年5月2日(火) GW山陰自転車ツーリング  3日目
新温泉町(浜坂)→城崎
3日目のルート。

前日の記事で100㎞と書いてしまいましたが、宿泊予定地までは約60㎞の予定です。
大人でないワタシ、大抵後で後悔するのですが、国道を離れ海沿いの県道に逸れる。

この浜坂-余部間の海沿いの道、ツーリングマップルではお勧めルートになっていますが、強烈なルートです。バイクでも急こう配、狭路に相当苦労する筈。ちなみにワタシこのルート、1999年にバイクで二度通りました。なぜ二度かと言うと、この間で荷物をごそっとバイクから落としてしまって、探すために戻ってきたため。ちなみにその時、荷物は結局見つからず・・・

スマホで撮影。
こんな坂を延々と登らされる。登りきった後、下らされる時の絶望感。ヒーヒー言いながら、ペダルを回すのですが、段々妙な心境に陥る。下っていると不安で登っている時は安心感があるのです。
そう、下るとその後その分登らなくては行けないので、下りたくないのです。

2時間半もかかってこの区間の最高地点、余部崎に到着。

素晴らしい景色。急こう配すぎて、せっかくの下りなのにブレーキを掛けなくてはいけないのが悲しい。ワタシのアデノシン三リン酸を摩擦熱やブレーキカスにしてしまうなんて。このルート選択には本当に後悔しました。疲れの溜まる三日目なのに、最初の20㎞で一日分の脚力を使ってしまいました。

国道に戻った所の余部の道の駅で浜坂のキャンプ場で一緒になった徒歩旅行の細田さんと再会。「えらいゆっくりですねぇ」と言われる始末。

ずーっと素晴らしい景色の海岸沿いを行きますが、ヨレヨレでカメラを取り出すこともせず。
ゴムロープで縛られたリュックからカメラを取り出すのが面倒で、段々と写真を撮らなくなってくる。

フロントバッグ導入か、小さいカメラが必要だなぁ(ボソッ)。Sony RX1が欲しい。誰かプレゼントしてくれないかなぁ。


ヨレヨレしつつ三時過ぎに城崎温泉のちょっと北の気比の浜キャンプ場に到着。ガラガラ(フラグ)、トイレ綺麗、目の前に安心して泳げる海、素晴らしいキャンプ場ですね。

夕方城崎温泉へ。1999、2003年の二度来ています。その時は急ぎ足でパパっと温泉入って通過しましたが、今回は二連泊なのです。

温泉街も奥の方の御所の湯へ。
肖像権の問題とかはさておき、浴衣の女性にピントを合わせればよかったなぁ。

小説を持ち込んで露店風呂でじーっつくり疲れた脚をとろかす。

コインランドリーで洗濯し、駅前のスーパーで買い物を済ませキャンプ場へ。

何はともあれ、ビールで乾杯。うひ~。


おっと、今日の走行距離は・・・71kmでした。キャンプ場から温泉まで3.5kmぐらいありますからね。距離よりもずっとしんどい走行でした。


変わり映えのしない夕食は、トマト一個、油揚げを焼いたもの、舞茸と牛細切れのオイスターソース炒め、でした。

予定を変更して、明日は休憩日。パンパンの脚をなんとかしないとうねうねの京丹後半島を走破する100kmを一日で走ることなんてトテモできません。


Mardi Mai 2017, le 3èm jour du voyage en vélo à la côte de Sanîn

J'ai roulé d'Hamasaka à la source thermal de Kinosaki.
J'ai choisi la route au bord de la mer, mais c'était vraiement une route dure.

Coin coin,








0 件のコメント:

コメントを投稿