2017年9月18日月曜日

酔魚家のブドウ収穫 Le vendange chez nous

2017年9月16日(土)

三連休に日本を縦断するにっくき台風の雨が降り出す前に、酔魚家のブドウを全て収穫。

もう少し糖度が上がるまで待ちたい所ですが、灰色カビが蔓延しだして、ショウジョウバエもやってきたので限界です。一月位前に少し防除=農薬を使っておけば良かったのですが、極力使いたくないので。


シャルドネは10房程。
 
中には綺麗な房もあります・・・と言いたい所ですが、房を割ると痛んだ粒が少し。中々難しいですね。黄色~金色になるまで待ちたかったなぁ。

樹が弱っているメルローは超バラ房の4房。5月に極度の雨不足で結花不良もあります。

かつてはたわわに実ったのに。



9月14日(木)

ワタシの誕生日に託けて久しぶりにフランス駐在時代に買ったワインを開ける。

Beaune 1er Cru Les Epenotes 2006, Domaine Gabriel Billard


98年にフランス一周した際に訪問し、フランス駐在時代に2度再訪問。

もう飲み頃を過ぎているかと心配しましたが、なんとまだ若くなかなか開いてこない。この生産者のワインは本当にミネラル感に富んでいて、Domaine François Gayの同じ畑のワインとだいぶ異なるスタイル。何が違いを生むのだろう。

最近ワタシがまなんだ一つが、土壌の成分はブドウの成分に影響を与えない、と言うものでした。科学的に実証されているそうです。ならば、フランスのシャブリやサンセール、ドイツのシュタインと名前が付く様な畑で産出される、硬いミネラルを感じされるワインはどのように造られるのだろうか。

Samedi 16 Septembre 2017,

Avant que le typhone vient à Tokyo, j'ai coupé les raisons de chardonnay et Merlot.

Et j'ai bu très bonne bouteille de Bourgogne, Beaune 1er Cru Les Epenotes par Domaine Gabriel Billard que j'ai acheté en France.

C'était faumidable.

Coin coin,

0 件のコメント:

コメントを投稿