2017年11月26日日曜日

今年も香箱蟹がやってきた Les clabs sont arrivés cette année aussi

2017年11月23日(木)

今年も金沢の実家が蟹を送ってくれました。

金沢では香箱(こうばこ)と呼ばれるズワイガニの雌。

甘エビも20尾

どれにしようか真剣に悩む陸。もう鋏まれてくれないそうです。

渓太ももう鋏まれてくれないのですが、蟹の身をほぐすのを手伝うことを交換条件にしたら鋏まれてくれました。

この日の為に研いだ小出刃庖丁で奥さんが綺麗に捌いてくれました。陸が二階で勉強している隙に捌き終わり、ワタシが素早く内子が一杯入っているのを選択。身悶える陸。ぶぶぶ。

プリプリの後にねっとりがやってくる甘エビ。頭は甘辛く煮付けられました。先に蟹を剥き終わったワタシが大きいのはどれかなぁ~なんて言いながら食べ出すと、再び横で悔しそうな陸、食べ物については本当に執着心が強いです。それをからかうのが楽しいのです。

解した蟹は醤油と酢で味を調えて、炊きたての新米に乗せて食べるのが我が家の食べ方です。蟹と言い、甘エビと言い、なんて旨味なんでしょう。

食後に身を剥き終わった殻で出汁を取りました。少し生臭さが残りますが、深い味わいの出汁が取れました。土曜日にこれで鍋をするのです。おほほ。

Jeudi 23 Novembre
Les clabs et crevettes sont envoyé du marché de Oumicho par les parents à Kanazawa.
Ils sont bijoux de la mer Nord de Japon en hiver. Merveilleux.

Coin coin,


0 件のコメント:

コメントを投稿