2018年1月8日月曜日

元旦と金沢からの帰途 Le premier Janvier chez les parents et le retour à Tokyo

2018年1月1日(月)

明けましておめでとうございます。
例年通り酔魚の実家で元旦を迎えました。 

お重と汁椀がプラスチックなのが風情を削ぐと思うのですよ、ババちゃん!?

酔魚の実家では、元旦の朝にお節料理を頂くのですが、数年前から元旦朝にお酒を飲むのを止めてしまって、少々さみしい。だって、栗金団(くりきんとん)を除くと、ほぼ全てのお節料理は日本酒のお伴なのです。料理が冷たいこともあり、お燗が美味しいと思うのです。
栗金団はソーテルヌやロワールのトロっとした極甘口の白ワインと合わせるのも悪くないなあ。 

少し甘口の黒豆は少し甘めの日本酒と良く合うし。

ワタシが好きな平目とカジキマグロの昆布締め。所で、なぜカジキマグロ!?

酢ダコに、

雑煮。

どれもこれも、このブログを海外から見てくれている人には意味不明な食べ物ばかりですよね。訳すのが面倒・・・と言うか、最早放棄していますけど。

お節料理を食べ終わったら、金沢市内から小一時間の山中にある白山里温泉にやってきました。

靴底に通気孔が空いていて、濡れている地面を歩くとすぐに水が浸みる渓太は、陸に背負われて駐車場を通過。
ここは、濾過循環なのが残念ですが、湯中ではそうとは思わせない肌がぬるぬるする中々良い温泉でした。400円なのは愁眉。


2日(火)
お昼ごはんを食べたらワタシと奥さんで歩いて金沢中心街へ。実家から中心街までは3km強で、散歩には丁度良い距離です。
中心街は観光客で一杯。日本人半分、外国人半分ぐらい。天気は金沢らしい陽が差したかと思ったらざぁ~と雨やミゾレが降る天気。傘を持っていない観光客が結構いるのですよね。なんで、こんなこんな季節に金沢に来ちゃうかなぁ。
天気が悪くカメラを取り出すのが億劫で、写真は一枚も無し。

3日早朝、金沢から東京へ。
富山インターを降りて間もなく時折吹雪の天候。交通量が少なく、新雪を踏むような走行もしばしばでした。写真は平湯の安房峠トンネル入り口にて。
 


・・・このままでは落ちが無い記事になってしまう。

年末年始に限り、ワタシと奥さんでオセロをします。今年は子供達にもやらせて見ましたが、長男次男ともにグズグズ。ちっとも勝負になりません。まあ、ワタシの圧勝なのですが。
 ↑は渓太の作品。何と書いてあるでしょうか?



バカ。


Le premier Janvier 2018

Bonne année et meilleurs voeux !!

Comme d'habitude, on a passé la fin et le debut d'année chez mes parents à Kanazawa.
On mange des noritures specifiques pour le debut d'année qui s'appele Oseti.
Chaque piece a le sens patiqulier qui souhaite bonheur de nouvelle année.

Coin coin,

0 件のコメント:

コメントを投稿