2019年3月24日日曜日

ハンドル迷走中 Légarement de le poignée de mon vélo

2019年3月21日(木)

BianchiのRoma4を手に入れてご機嫌のT君と、

サイクリングに行く渓太は珍しく自転車の整備中。この日、渓太は段差で転んで手首を骨折して帰ってきたのでした。ワタシに似て、どんくさいなぁ。可哀そうに。

渓太が出発した後、ワタシの酔魚号のハンドルを弄りにかかる。
 
ERGON GP5。グリップは大変気に入っているのですが、エンドバーの固定システムに問題があるとワタシは思っています。バーが回らないようにしっかり締めつけると、自ずとグリップ側の被締め付け部を壊してしまう設計。回らず壊さず微妙なトルクを狙え、とメーカーや輸入代理店は言うのかも知れませんが、自転車ってそう言うものではないと思うのです。そしてその事を相談した代理店の木で鼻をくくるような対応。

これだけ文句を言っておきながら、所謂エルゴノミクスグリップには代替品が無いのが現実で、角が無いGP1を購入。ハンドルバーを直接金属で締めつけるエンドバーを取り付ける作戦です。

エンドバーには、リッチーWCS中古をヤフオクで700円で落札。珍しく格安で買えました。

グリップ端部にはハンドルバーの端で止まるように段差が付いているので、それはヤスリで削り落してしまいます。プラスチックなのでものの数分。

そうするとグリップはハンドルバーの好きな位置に設置できるようになります。

エンドバーをはめて見る・・・あぁ、こりゃダメだ。エンドバーとグリップのクランプが干渉してしっくり行かない。しばし悩む。義父から借りっぱなしのグラインダーで干渉しないように加工してしまうか。

新旧グリップ比較。少々加工しても、グリップは2cm以上内側に寄せる必要がありそう。1cm?ぐらいなら内側に寄っても良いかと思って着手したが、これだけ内側に寄せるとハンドリングポジションへの影響が大きいので、断念。要するに購入した部品を良く観察しなかったワタシが悪いだけです。

で、結局こうなりました。障害物がない所で高速巡航中、みないなごく限られた状況でしか役に立たないエンドバーになってしまいました。

迷走中、だが、ハンドル弄りは取りあえずこれで終了。
酔魚号弄りはもしかしたら永遠に終わりが来ないのでは!?


Jeudi 21 Mars 2019,

Keïta s'est fracturé son main gauche quand il s'est tombé de la vélo.

J'ai remplacé le poignée de mon vélo.

Coin coin,















2019年3月23日土曜日

多摩川の春 Le printemps de la Tama rivière

2019年3月20日(水)

大きな仕事を終えて力尽き、会社をさぼったこの日。

先週マルタウグイの瀬付きのあった瀬にやって来ましたが、魚の気配無し。1m程増水したことで魚は別の場所に行ってしまったようです。

二ヶ領宿河原堰まで様子を見つつ遡上。

春です。


宇奈根の瀬まで降りてきましたが、マルタウグイの気配なし。

この後最初の場所の少し下流で瀬付き発見。 日が暮れるまでロッドを振りましたが、ヒットなし。


2019年3月21日(木)

夜明け前から前日見つけた瀬へ。
ISOが200になっているのに気が付かず、ブレブレ。

うほほ、夜討朝駆とは良く言ったもの。それなりにバシャバシャ瀬付きしてるじゃありませんか。

振るべし振るべし振るべし、なんどかヒットがあるもののバラすこと数回・・・2時間後、漸くしっかりフッキング。

40cm程のマルタウグイでした。

3時間ロッドを振り続け、ロッドを握る右手が痺れて開かなくなり8時撤収。3時間で一尾って、根性あると思うか、下手クソと思うかは悩む所。イヤ悩みません、下手なんです。

Mercredi 20 Mars 2019,
Après avois finis un grand travail, j'ai pris un jour de congé, et je suis allé à la Tama rivière pour pêcher des vandoises. 

Coin coin,

2019年3月17日日曜日

多摩川マルタウグイ初釣り La prepière pêcher à la Tama rivière

2019年3月10日(日)

前日のトライアスロン中にマルタウグイの瀬付きを発見しました。暖冬に誘われてマルタウグイの遡上が例年より少し早めなのか。

夕方からいそいそと釣りの準備を始める。30年振りにフライラインを新調。昔は4000~5000円もしたフライラインも安くなりました。

日曜の夜明けに釣りに行くぞっ、と意気込んだものの、拡大トライアスロンに疲れで、多摩川に行けたのは結局14時過ぎ。

今年の瀬付きの場所はこの先。

小さな流れを越えて行きます。

昨日、盛んに瀬付きが見られた場所は・・・
日中釣り人に責められ過ぎたのか、静か。マルタは居ますけど。

振るべし振るべし振るべし・・・ 何度かフライを咥えて貰えましたが、しっかりフッキングせず、ばらす事5回ほど。

2時間後、フライが着水した瞬間に走る何か・・・口にフッキングしたのではないのは明らか。
大暴れしたマルタちゃん、今シーズン1尾目は背掛かりでした。

ロッドを握る右手が痺れた所で、ルアーマンに場所を譲って終了。
まあ、初日はこんなもんでしょ。

Dimanche 10 Mars 2019,
La saison de vindoise à la Tama rivière est vune.
J'a pêché un seul vindoise aujourd'hui.

Coin coin,

2019年3月10日日曜日

やっぱり300gの肉は食べられなかった@ビストロ・ナガミネ Je n'ai pas finis le plât principale de la viande de 300g

2019年3月9日(土)

奥さんはO夫人と遊びに行ってしまったので、男三人で夕食はビストロ・ナガミネへ。

今夜は何を食べようかしらん。

今夜の持ち込みワインは会社のフランス人のお土産のベトナムのワインです。カベルネとメルローの混醸。まあ、悪くはないが、中級のチリワイン位の出来。

今夜は3人とも3000円のAコースを選択。前菜は蛸のリエット、猪のテリーヌ、チーズとルッコラのサラダでした。

陸の主菜は牛モモステーキ300g、ワサビソース。

渓太は牛カツレツ。

ワタシは子羊(!)のモモステーキ300g、でした。

今夜は「ステーキの日」らしく、牛モモや子羊モモは300gまでお値段据え置きと言う素晴らしい内容。

そしてワタシの注文した子羊が素晴らしい。モモだから所々筋張っている部分もありますが、良い所は噛んだら適度な弾力の後ホロっと崩れる。
 
この日、水泳2km、自転車46km、ラン16㎞の拡大トライアスロンをしてしまったワタシ、蛋白質をしっかり食べたくて300gも注文したけど、疲れていて胃があまり受け付けず、結局半分近くを子供達にやってしまいました。悔しい。

幸せ陸。

渓太のデザートは金柑とアイスクリーム。

陸はアーモンドのタルト、バニラアイス付き。

終に大人用の3皿コースを平気で平らげるようになりました。陸と違って、澄まして表情を出さない渓太。
 
デザート不要のワタシは、
白カビチーズで残りのワインを飲むのでした。

これで3000円、って凄いなぁと思います。

Samedi 9 Mars 2019,
Parce que ma femme, notre chef, est absente, les trois hommes chez nous ont dîné au Bistro Nagaminé à Kitami.
Comme d'habitude il nous propose le gôut parisian à bas prix.

Coin coin,