2009年6月16日火曜日

Vacqueyrasのとあるワイナリー

市場ネタではありませんが、大好きなワインについて。

5月の連休を利用して南フランスを旅行しました。
Vacqueyras(ヴァケラス)と言う産地のとあるワイナリーに行きました。
Domaine de la Mazane(ドメーヌ ドゥ ラ マザヌ) 日本では無名ではないかと思いますが、ここのワインはとても印象的でした。
何と言ったらよいか、素直なワインで、陽の光をたっぷり浴びた元気な葡萄から余計なことをせずに作ったワイン。化粧は無しです。










































この蔵では基本的に樽を使いません。当主曰く、この産地には樽は要らないと 思っている、と。ここは昔ながらのコンクリートの発酵槽を用いています。昔はよくさせてもらえた樽やタンクからの試飲、久振りです。 タンク内はヴァケラス2008。

続いて瓶からの試飲で、2007,2006,2005,2004,2003までの各ヴィンテージを飲みました。2006のみ樽で熟成したとのことで、確かに他とは違ったスタイルです。試飲した中では2007が素晴らしい。充実した果実味に下支えされて、もう飲むことができますが、熟成も期待できそうです。
ああ、それにしても、各ヴィンテージ毎に大ぶりのグラスの半分まで注がれるものだから、終いには酔っ払ってしまいました。僕はただのワイン好きなので、試飲するワインは基本的に飲みこんでしまうのです。

翌日は同僚が紹介してくれたGigondasのDomaine de Termeに行きました???
実は畑のなかで迷って、約束の時間に結局辿りつけず、Gigondasの村の中心にあるこのワイナリーのブティックで試飲しただけ。なんがか今一つの訪問になってしまいましたが、買って帰ってきたワインは骨格のしっかりした素晴らしいワインでした。

2009年6月11日木曜日

大仰な名前で作ってみたものの

初めまして、ゆたかです。

ものは試しでブログを初めてみました。

まずは近所のベルサイユの市場の紹介から。
パリ市内からなら、RERのC線で終点のベルサイユ・リヴ・ゴーシュに行き、
そこから徒歩15分ほど。フランスでは珍しく?比較的良質な魚が手に入る
市場だと思います。






























大仰な名前を付けてしまったこのブログ、「世界」の市場なんて旅できる
わけないのに、、、