2019年11月17日日曜日

雲取山トレラン Le trail au Kumotori yama

2019年11月9日(土)

金沢マラソンを充実した気持ちで走りぬき、徐々に気持ちが高まり、雲取山ー奥多摩駅のトレランに挑戦する日がやってきました。

こんなルートの水平移動距離で30㎞超、7時間で走破が目標です。 言っていることがちょとオカシイと思うのはワタシだけだろうか。

成城学園前から始発電車に乗り、7時過ぎ奥多摩駅に到着。家を出てから奥多摩駅まで2時間半掛かってます。遠いです。
奥多摩駅の目の前で待っているバスに座るべく走る他の登山者に打ち勝ち?座席確保。
8時過ぎ、奥多摩湖畔の留浦にて下車。

これで「とずら」と読むらしい。無理です。

雲取山への登山道入り口がある鴨沢までは国道を走ります。

度重なる台風で奥多摩湖はとんでもない色に。ダム、やめましょうよ!?

鴨沢の登山道入り口ででかい方をすませ、出発しようとしたら目線が・・・


可愛らしい猫がいっぱい。二枚目の写真の礼儀正しい?猫を見たら、トレラン止めて猫抱いて帰ろうかと思いましたよ。

8時23分登山開始。web情報を鵜呑みに、2時間で雲取山登頂が希望的目標。
最初は舗装路ですが、

すぐに登山道になります。走るには微妙にきつい斜度。早めのペースで登ります。

やがて本当の?登山道入り口に。

結構たくさんの登山客がいます。

晴れの予報だったのに、終始曇り~途中からは雲の中を行きます。眼鏡が曇ってうっとおしい。

七ツ石山小屋を通過

七ツ石山は巻きたかったが、登山道が崩落しているらしく、七ツ石山に登頂
この時点で10時半で、雲取山まで2時間の目標はどこへやら。

七ツ石山から雲取山を望む。どう考えても1時間はかかりそう。徐々に奥多摩駅まで行きつけるか不安になる。雲取山に登って、12時にここ七ツ石山に戻ってるのを目標にラン開始。

雲取山に至る最後の坂。けっこうシンドイ。

11時半、雲取山に到着。七ツ石山から1時間ちょうどでした。百名山一座目です・・・山登りをするつもりは(今のところ)ないんで何年経っても百座制覇することはないと思うけど。

明るい内に奥多摩駅に到着できるか不安で何人かのトレランランナーに声を掛けましたが、このまま鴨沢に降りる人ばかりで、奥多摩駅まで走ろうと言う変態が以外に少ない。

さて、下り開始。
 
ひーひー言いながら登って来た稜線を下る。登りは1時間強かかった七ツ石山までを30分程で走り、

石尾根縦走路へ。トレランができる気持ちの良いルートです。サンドイッチをもそもそを咀嚼しながら。

石尾根縦走路に入りすぐに、巻き道ルートへ。最初は稜線を走ろうと思いましたが、入り口が分からず、勝手に巻き道に入っていたのが事実。

所々気持ちの良い眺望が開けます。徐々に標高を下げていきます。

途中、六ツ石山から稜線ルートへ。こんな気持ちの良いルートなら稜線ルートが良いと思いましたが、これが大失敗。稜線ルートは降りの勾配が思いのほかきつく、 路面も荒れていてあまり走れない。巻き道に合流する最後は斜度30°を超えるような絶壁下り。山地図には稜線ルートがメインルートとされていますが、巻き道の方が人が多い。そして稜線ルートの途中、落ち葉に隠れた木の根に足を引っかけ転倒。屈辱。

奥多摩駅に向けてガンガン標高を下げる。防火帯は土が流されており、少々滑りやすい路面で、あまり走れずストレスが溜まります。
そして疲れてきて膝が上がらず、木の根で二度目の店頭。屈辱。

最後の方は植林の中の荒れている登山道で、走のは(ワタシには)少々難しい。
15時半、林道に出ました。もう一度登山道が出てくるのですが、荒れている植林の中を走るのがイやで国道まで林道をを走りました。

16時前奥多摩駅に到着。鴨沢の登山道入り口から7時間半かかりました。台風で崩落した七ツ石山の巻き道を通り、六ツ石山で稜線ルートに入らなかったら7時間は切れていたかもしれません。まあ、合格と思うことにしましょう。

発射間際の電車に慌てて飛び乗ってしまったのですが、同じくトレランを終えた人がビール片手に電車に乗り込んできました。うぐぐ、ワタシもビール買ってくれば良かった!!

翌日から4日間(!!)下半身の節々がひどい筋肉痛。このルートはフルマラソンよりあきらかにしんどい。ネットで「鴨沢ー奥多摩駅ルートはトレランする人の登竜門」なんて情報がありましたが、ここまでシンドイルートを走らなくてもトレランは十分楽シンドイと思いますよ!?



2019年11月4日月曜日

金沢マラソン2019完走 Le marathon de Kanazawa 2019

2019年10月26日(土)

金沢マラソンの受付に金沢駅にやってきました。

受付を済ませ、出場者名簿にやってきました。

今年は珍事が。ただでさえ珍しい酔魚の苗字、それが全国から4人も集まっているではありませんか。他の3人もびっくりしただろうなぁ。

ASICSのブースにて。いつまでもテニス用の短パンじゃなくて、ランニング用のもの買おうかと思いましたが、やはり着慣れたもので走らないとね。

受付後、明日のスタートの頃の雨予報に備えて雨合羽を購入し、スタート前に胃に詰め込むカステラを買いに近江町市場へ。

近江町市場は変わってしまいました。特に蟹の季節の前で目玉がないのかもしれませんが、以前は豊富にあった地魚がほんの少しに、そして観光客がつまめる牡蠣なんかがずらっと並んでいます。地魚並べても観光客は写真撮るばっかりであまり買わないですからね。ワタシもその一人ですが。そして、そんな観光客に辟易としたのか、ある魚屋で写真を撮っていたら、「シッ、シッ」と言いながらNo photoの看板を指さす店主。ワタシを中国人あたりの観光客と思ったのでしょうか。犬並みの扱いです。それにしても、観光の目玉の市場でそんなことするか!?

変わらない金沢の味。

このメバルは見事ですね。

加賀野菜の金時人参を買いたかったのですが、まだ季節じゃないそうです。残念。

2019年10月27日(日)
さぁ、半年のてきとートレーニングの結果を出す日がやってきました。

両親に会場近くまで車で送って貰う。ぎりぎりまで温かい家に居られるし、会場までは数100m歩くだけだし、超らくちん。地元ならではの特権です。

で、いきなりゴール後。

タイムはネット4時間45分00秒で、自己記録を8分短縮。自分の時計では45分を1~2秒上回ったと思ったのですが、無念1秒及ばず。
順位は5555位。飛び賞のゴーゴーカレーをもらいました。 こればっかりは狙ってできるものではありませんし、後1秒縮めていたらカレーは貰えなかったかも知れません。禍福は糾える縄の如し!?

今回は大変良い走りができました。
スタートから1300人もぶち抜いています。

今回はweb情報を鵜呑みにして、約10㎞毎のエイドステーションでストレッチ、クエン酸補給(後で酷い目に合う)を行いましたので、その分を差し引いてラップタイムをグラフにしてみると、

基本的には時間とともに概ねペースが上がっていることがわかります。標高と比べると登りでもペースが落ちていません。他方、下りは回りに引っ張られて相当のオーバーペースであることが分かります。これはちと失敗。
20㎞~30㎞あたりは本降りと土砂降りの中間位の雨が降り、体が冷え、靴が少々重くなるなど、悪条件でしたがペース維持に成功。
30kmから少し疲れが出ていますが、最後は再びペースアップ。ワタシはGグループですが、ペースダウンしたDEFグループを抜く密やかな?喜び。うひひ。
何よりも、どこも攣らず、どこも痛くならず、基本的にはペースを自分の意志で維持できたと思うのです。また、最後まで腿の筋力を維持できたのは、きつい登りのトレランの成果でしょう。

次のマラソンは4時間半を目標にする道筋が見えたような気がします。
 

さて、落ち。
ワタシのことですので何もかも上手く行った訳ではありません。レース中にこまめに摂ったクエン酸がどうやら過剰だったらしく、40㎞位から下痢の予感。幸いレース中はお腹が待ってくれましたが、ゴールして完走者タオルを受け取ったあたりで怒りの声が聞こえるように。 
ゴール直後のトイレに駆け込んだのですが、42㎞を走った後に和式便所にしゃがむことのシンドイことと言ったら!!


Dimanche 27 Octobre 2019,
J'ai reussi de completer le marathon de Kanazawa à bon reccord.
Mais, c'etait dur‼

Coin coin,

2019年10月22日火曜日

バイク自慢? Ma moto est belle, n'est ce pas?

2019年10月20日(日)~21日(月)

休んだような休まなかったようなリフレッシュ休暇の最後に、実に数年振りにバイクでツーリングに。行き場に困ったときの伊豆はBBRoadに行って来ました。

夕方BBRoadに到着して、テラスでビールを飲みながら本を読む。8か所程蚊にさされたのはこの時に違いない。

ところで、ワタシのバイクって、

カッコ良いと思いません?


Dimanche 20 à Lundi 21 Octobre 2019,

J'ai Voyagé en moto à Izu depuis longetemps.
A propos, ma moto est belle, n'est ce pas?

Coin coin,

2019年10月18日金曜日

嫁殿の誕生日 L'aniverssaire de ma femme

2019年10月14日(月)

嫁殿が11日に?6歳になりました。

12日に誕生日祝いを予定していましたが、台風で烏山のキャトルセゾンがお休みとのことで、月曜日に。

何時も通りキャトルセゾンのケーキ。陸ご所望のモン・ブランは二日前の予約が必要で、今回はショートケーキです。

お決まりの構図。どう切ろうか真剣に悩む。

無念、ぶれちゃった。
そして悶絶陸。1/4はあっと言う間に胃の中に。

あの渓太も1/4をペロッと食べ、気持ち悪くないそうです。
幼少の頃は生クリームを目の前にしようものならくら~い顔してたのに、ワタシがケーキの箱を持って帰宅したら「ケーキ買ったの!?(♪)」と喜びの声を上げるように。

ところで、9月に45歳になったワタシの誕生日ケーキが無いのはなぜだろうか!?


Lundi 14 Octobre 2019,
On a fait l'anivirssaire de Tomoko. Le gâteau des Quatre Saison à Titose Karasuyama est très bon.

Coin coin,

金沢マラソンに向けて Avand du marathon de Kanazawa

2019年10月17日(木)

金沢マラソンが近づいてきました。

この日は最後のトレーニングとして30㎞のラン。風邪気味、前日の飲みすぎ、終始雨の中、と三重苦でしたが3時間24分で完走。終盤でも脚が残っており、本番を5時間弱で走り切るのはまず問題なさそう・・・フルマラソンの終盤はしんどいに決まっているが。

金沢マラソンのコース、金沢マラソンHPより拝借

9月末以降、高尾ー陣馬往復29㎞トレラン、28kmラン、上高地ー涸沢30kmトレラン、30㎞ラン、と過去3回のマラソンより充実したトレーニングができたと思います。

やることはやった、と思うことにして、さあ、しんどいフルマラソンだっ!!


Jeudi 17 Octobre 2019,

Comme une dérniere formation pour le marathon de Kanazawa au dimanche 27, j'ai couru 30km.
Je pense que j'ai pu tout ce que je peux avand du marathon.

Coin coin,


台風19号 Le typhone 19

2019年10月12日(土)

大型台風19号が東京を直撃。
ワタシが住む世田谷区喜多見付近でも、意外と早くから住民が避難し始めましたが、避難要否でゆれる心。

東名高速下の白バイ教習所、17時頃。教習所は冠水しましたが、堤防頂にはまだ5m?以上あります。すでに避難勧告が発令されていますが、この時点では逃げる必要はないと判断。

と思いましたが、この後水位はぐんぐん上がり続け、18時過ぎから一階の家電の内、移動できるものから二階に。

19時頃、多摩川ライブカメラの兵庫橋で氾濫が始まり、間もなく喜多見一帯にも避難指示が発令、さらに氾濫発生・堤防近くの住民は避難をとの警報を聞き、遂に丘の上にお住まいのT氏宅に避難することに。

T氏宅にて、奥さんの財布の中身を乾燥中。

23時頃、パッタリと風雨が止み、24時頃帰宅。多摩川の様子を見に行きましたが、水位はすでに下がり始めていました。最も水位が高い時で堤防頂まで2mほどだったようです。

9月17日(木)
金沢マラソンに向けた仕上げで、30㎞ランをしに多摩川を上流側に。報道されていませんが、狛江市や調布市でも氾濫があり、調布市では1.5m程の浸水があったよう。また、調布から府中にかけて堤防が低いところがちらほらあり、後50cmほどで越水していた可能性があります。

今回も雨量としては決して大したことなかったと思いますが、多摩川は大雨には脆弱で、千曲川のようなことが起きてもちっともおかしくないと思うところ。
次回はもう少し早く逃げて、ゆっくり宴会でもしていようと思います。


Samedi 12 Octobre 2019,
Le typhone 19 est arrivé à Tokyo. Le niveau d'eau de la Tama riviére a approché innondation, on s'est fuit chez mon copin.
Coin coin,

渓太の所業3 Les actes de Keïta 3

2019年10月某日

台風19号のどたばた劇でお疲れの渓太、昼食後に寝落ち。
どういう格好なの!?

買ってきた充電池を充電しておいて、と頼まれた渓太、
電波でも受信する積りか?

食事なので電波受信中の電池を片付けろと言われたら、
ソファーのマットの境目で電車ごっこ?

テーブルに置きっぱなしの教材を片付けろと言われたら、
ワインのボトルの上でバランスさせてみる。

・・・素直じゃないと言うか、相変わらずやることがお茶目と言うか。

親馬鹿記事でした。


Un jour dans l'Octobre 2019,

Des actes pars Keïta sont très rigolos.

Coin coin,