2011年12月31日土曜日

年末のハゼ釣り伊豆旅行 Le voyage a Izu pour pecher des poissons

伊豆にハゼ釣りに行きました。
あれ、ハゼって夏~秋の釣りじゃないの? と思った人は一度ぐらいハゼ釣りをしたことがあるに違いありません。
落ちハゼ釣りと言って、晩秋から冬にかけて、深場に移動したハゼを船から釣るのは一つの分野のようです。ワタシはそこまでやったことはありませんけど。今年は夏の終わりの台風ニ連発で荒れてしまった多摩川ではハゼを釣ることができませんでした。そんな欲求不満を解消すべく、この季節でも陸からハゼを釣りやすい伊豆にちょっと行ってきました。息子2人、義父、そして会社のハゼ釣り師匠と。
29日は西伊豆の某河口からハゼを狙いました。そこは2009年の末にでかい落ちハゼを物にした実績のあるところでしたが、長男が恐らくメッキと呼ばれている魚を一投目に物にしてから丸一日さっぱりでした。
おまけに、「おれの場所で釣りをしてるのは誰だ」とばかりに様子を見に来た漁師に竿を並べている目の前でこんな大物を攫われてしまいました。

モクズ蟹です。 とても美味いですよ!? こんな大物は初めてみました。同行したみんなでプンスカ怒りました。竿の真ん中に割り込んでやられたら、地元の漁師だろうがなんだろうが、悔しいに決まってます。
宿はいつもの定宿BBROADです。

 夕食までの時間に宿からすぐ近くの大沢温泉に行って温まってきました。
 
 


夜はいつものごとく、酔っ払って楽しい夜をすごしました。

30日は伊豆でハゼ釣りといえばここ言う、青野川に足を伸ばしました。
地元の釣り人がいつもは20匹なんてもんじゃないよ! でも今日はさっぱり、と言う状況でしたが1時間半で20cm前後のハゼを含めて4匹のハゼをものにしました。初めての場所ですし、この季節なら悪くない釣果です。


納竿間際、ハゼ釣り師匠にこんな大物が来ました。

30cmオーバーのイシモチです。驚きました。

青野川、水も綺麗だし、川の雰囲気も良いし、こんな大物が釣れて大満足です。今度はここでゆっくり釣りをしようと思います。

Nous avons voyagé à Matsuzaki à la péninsule d'Izu pour pecher des goujons. Normarlement de pecher des goujons est la pêche en été et automne, par contre c'est un domaine à pecher des goujons par bateau qui se sont déplacés au plus profond de la mér de la riviére.
On a eu deux thyphoons cet été, et Tama riviére, mon terrain à pecher, a été trés domagé. Je n'ai pas pu pecher des goujons dans la riviére. Pour se défouler, on a voyagé à la péninsule d'Izu ou on peux pecher des goujons toujours des rives en hiver avec les enfants, le beau pére, et mon maître de pecher des goujons dans ma société.
Le 29 décembre, on a peché à la embouchure de Naka riviére à Matsuzaki toute la journée. Mais sauf un poisson comme chinchard par mon fils aîné, nous n'avons péché rien.
En plus, un pécheur local a attrapé un grand clab en face de nous. C'est un clab trés proche au Shangai clab et c'est trés delicieux...
On a séjourné dans un petit hôtel BBRoad comme d'habitude.
Il y a trés bons eaux Ohsawa Onsen prés du hôtel. On s'est bien réchauffer.

Le 30, on est allé à la riviére Aono-gawa au sud d'Izu. C'est une riviére connnue ce que on peut pécher degoujons jusqu'a janvier.
Quand méme un pecheur local nous a dis que c'était un jour difficile, on a péché quatre grands goujons. Juste avant de la clôture, mon maître à pécher a gagné un grand poisson.

C'est une trés bonne riviére, de l'eau belle, et bonne atmosphère.
Coin coin

2011年12月24日土曜日

旧友がやってきた L'amis ancien est venu

中学校時代からの友人が拙宅に遊びに来てくれました。ハイデルベルグから。
お家のなかでサソリや蛇(弱い毒ならOK)を飼ってしまうディープに生物好きな彼はハイデルベルグ大学で研究をしています。たまの帰国に無理やり拙宅に来てもらいました。
フランスのスーパーで叩き売りになっていたフォワグラ。クリスマスが終わると季節商品なフォワグラはセールになります。2Lぐらいの缶にみっりり詰まっていてたったの19ユーロでした。味は・・・まあ値段なりかな。
フランスの代表的な惣菜、キッシュ。奥さんの十八番ですが、材料が上手く調達できない日本でも美味しいのを作ってくれるようになりました。これはほうれん草とベーコンが具材なのでキッシュ・ロレーヌ。

L'ami ancien depuis 23 ans est venu chez nous d'Heidelbeg en Allemagne pendant son voyage d'affaire au Japon.
C'est un trés amateau d'animaux ce que il avait nourrit un scorpion et des serpents dans sa maison. Il se consacre à l'etude d'animaux à l'université d'Heidelberge. Je l'ai invité chez nous à dîner plutôt en forcé quand méme il était occupé son affaire pendant son séjoun cours au Japon.

Bon voyage et à bientôt,

Coin coin

ブルゴーニュのワイン生産者たち Les viticulteurs en Bourgogne

またまた今更なフランス駐在時代の記事です。
しばらくワタシがお邪魔(ホントに)したブルゴーニュのワイン生産者たちについて連載してみようと思います。
ワタシたちが住んでいたパリ郊外、ベルサイユから程近いSaint Quentinからはシャンパーニュやシャブリが日帰り圏内、ロワールはヴーヴレ辺りからブルゴーニュは一泊圏内でした。
赤ワインが生産者から直接買える産地としてブルゴーニュには良く行きました。

ここはボーヌのちょっと南、ポマールの生産者、Gabriel BILLARDです。従姉妹同士の女性二人が切り回す小さなドメーヌでした。1998年にワタシが学生時代にフランスを旅行した際に偶然訪問したドメーヌで、小さいながら、だからこそなおさらそのワインの品質に印象を覚えたところです。
13年前に訪問したときは、学生であるワタシに沢山試飲させてくれた挙句に、ワインを買わせてくれなかったのです。「お金がないでしょう」と。そして、今回の駐在期間中に二回もお礼参りすることになりました。

ほんとにお若く見える当主ですがまもなく60歳になるとのことで2010年ヴィンテージが彼女が仕込む最後のワインとするとのことでした。
いつもなら小さいながらこのセラーにもっと樽がならんでいたのですが、当主も「寂しくなっちゃって」と言っていました。ワタシのぶしつけな「じゃあ作れば?」と言う一言にも、もう歳だし甥っ子に畑を譲るので、ということでした。
ここのワインはミネラルががっしりしていて、芯の通ったとても男性的なワインと思います。ボーヌの赤ワインはニュイに比べて柔らかい、なんていわれていますがなんのなんの。
熟成したワインもしっかりストックしていて、リクエストすれば売ってくれました。ボーヌ1er Cru2002にペタっとラベルを貼ってくれました。
こういうドメーヌであれこれ試飲してワインのお話をして、酔っ払って結局一杯買ってしまうことになるのです。ブルゴーニュですから安くはありませんが、決して高くはないのです。

Je vais écrire les articles des viticulteurs en Bourgogne une série dans.
Nous avons voyagé en Bourgogne plusieur fois, parce que c'est une region le plus proche ou on peut acheter les vins rouges de Paris.
On a visité Le Domaine Gabriel BILLARD à Pommard en Côte de Beaune. 

J'ajouterai les textes demain...

Coin coin

2011年12月19日月曜日

ロワールの古城 Le voyage au chateau vieux à la Loire

またもや今更なフランス駐在中の記事です。
2月に家内の両親が二度目のフランス旅行にやってきました。
パリから一泊でゆっくり行って来られるところとして、僕らがとてもお勧めしているロワールはアンボワーズに行きました。
まずはロワールの古城一美しいと言われているシュノンソー城に行きました。

Olympus E-PL1+9-18mm f3.5-4.5


生憎の小雨模様でしたが、ロワール川の支流に掛かる城はとても美しい佇まいでした。

お城を散策した後にヴーヴレーのワイナリー、ドメーヌ・ユエに試飲に行きました。
http://www.huet-echansonne.com/Accueil/index.html
このワイナリーのワインはちょっと(だいぶ)高いですけど、ワイナリーは綺麗だし、素晴らしいヴーヴレーの白ワインも数多く作っているし、近隣のシノンの赤(お買い得)なんかも売っています。日本からのお客さんを連れていくにはとても良いところと思います。

ヴーヴレーの白はワインの糖度とともに値段が上がっていきます。ワタシはDemi-sec(少し甘みあり)が好みです。このぐらいの甘みが残ったワインは和食ともよく合います。

宿泊は良くお世話になっているオーベルジュ・ドゥ・ロネイで。
http://www.aubergedelaunay.com/
アンボワーズから車で5分ほどのところにあります。
写真は冬でちょっと寒々しい風景ですけど、緑が美しい季節は、こんなになります。
ここは特別綺麗とか豪華とか言う宿ではありませんが、こじんまりとして部屋も快適だしちゃんとバスタブも付いています。値段だってとてもリーズナブルです。
そしてここはレストランの料理がとても美味しいのです。




上からアミューズ・ブーシュ(口を楽しませる)
前菜一例としてエスカルゴ
メインの一例としてマグレ・ドゥ・カナール

ああ、お腹空いてきたのでお昼ご飯にしよ・・・


Un article toujour quand nous étions en France.
Les beaux parents sont venes en France a la deuzieme fois en février/
Nous avons voyage a la region de la Loire ou nous recommandions dont nous pouvons venir doucement dans deux jours du Paris.
Le samedi matin, nous avons visité le Château de Chenonceau. Le château sur la riviére a été trés beau quand méme il pleuvait un peu.

Aprés se être promené dans le château, nous avons rendu visité Domaine Huet à Vouvray prés d’Amboise.
Les vins du domaine sont un peu, en fait, assez chers, mais la maison est belle, il produit beaucoup de bons vins blancs, et aussi il vend quelque vins rouges de Chinon qui sont trés bons marches.
Les vins de Vouvray devienne plus cher depandant à degré de sucre dans vins. Je préfère les vins de demi sec. Les vins avec du sucre comme ça vont trés bien aven la cuisine japonaise.

Nous avons logé à l’auberge de Launay comme d’habitude. Elle est situé dans cinq minutes à voiture.
Le photo semble en peu froid, mais dans les saisons agreables elle devient trés verte.
Cette auberge n’est pas luxueuse, mais c’est une trés bonne auberge avec les chambres agreables. Le prix est trés raisonable.

Et puis, le restaurant de l’auberge est un mervielle.
Les photos sont des exemples de l’amuse bouche, un entré, et plas principal.

Ahh, j’ai faim, je prépare le déjeuner...

Coin con

皆既月食 L'éclipse totale de Lune

12月10日の夜に皆既月食を観察しました。
Olympus E-PL1+OM 70-300mmm 300mmで


お金をかけてない半分ジャンクのようなレンズでもなんとか撮れるもんですね。

Nous avons vu l'éclipse total de Lune la nuit du 10 decembre.
J'ai utilisé l'appreille photo de micro four-third avec l'objectif d'OM pour 35mm, ça veut dire le photo a été à 600mm.
Quand méme, le photo n'était pas beau que ceux par la télesope astronomique, c'est assez amusant.

Coin coin,

2011年12月17日土曜日

明石魚の棚 Le marche des poissons a Akashi

久しぶりに明石の魚の棚市場に行きました。


遅いフライトまでの時間を利用して、食べ物雑誌dancyuに紹介されていた居酒屋に寄りました。
魚の棚市場内にある「立ち呑みたなか」です。



17時の開店を待っている常連が店の前に数人。
信じられないぐらい狭まった入り口を通過して店に入ると、ちゃきちゃき立ち働く店員さんとカウンター上の美味しそうな惣菜が並んでいます。
 「蛸の頭」 蛸の胴体の部分です。
 マテ貝の茹でたものをマリネしたもの。

酒屋の経営とあって、マイクロブリュワリのビール、日本酒、国内外のワインとお酒も豊富です。
幸いあまり混んで居なかったのを良いことにだらだらと呑み続けてしまいました。
また行きたい、とても良い呑み屋でした。

Je suis allé au marche à Akashi qui s'appele Uô no tana. Si je traduis directement, c'est l'armoire des poissons.
J'ai passé un bar dans le marche qui a été écris dans le magasin gourmet Dancyu.

Il y a eu qulques gents en face du bar qui attendent la ouverture à 17 heures. Aprés d’être passé l’entrée trés rétrécie, on trouve les serveuses gaiee et les assiettes de charcuterie japonaise. Ils sembraient trés delicieux.

Une assiette "La téte de poulpe ", en fait c’est le corps de poulpe.
Une marinade de coquillage.

Parce que le bar est dérigé par la cave à saké, vin, et biere, on peut choissir les bieres par petits producteux, les sakés, les vins japonais et etrangérs.

Parce que le bar n’a été pas rempli trop, j’ai passé plutôt longtemps

C’est un trés bon bar. Je passerai encore bientôt

Coin coin,

さよなら、ばあちゃん Adieu à ma grande mére

父方のばあちゃんが他界した。93歳だった。
ワタシが小さい頃は、ジイさんとともに怖い印象だったけど、この20年ほどは、お酒の好きな陽気な人という印象に変わっていた。
ちょっと前まで晩酌を欠かさず、90歳でも酔っ払って歩けなくなる豪快な人だった。
2007年正月、家内、次男と共に

さよなら、ばあちゃん。

Ma grand mére a été morte mardi matin. Ella avait 93 ans.
Quand j'étais petit, je la pensais sévèree, mais dans dérnier 20 ans elle était gaie aimant des alcools.
C'était une dame grande enveruguree.

Adieu, ma grande mére,

Coin coin

2011年12月16日金曜日

シャトー・タルボーのセカンド Le Connetable TALBOT

久々にワインを飲みました。
フランス・ボルドー・サンジュリアンのシャトー・タルボーのセカンドワインです。
昨年、Bois d'ArcyのE.Leclercのワインフェスタで13.5ユーロでした。
この初夏の我が家の酷暑でやられたのか、早めの熟成を感じさせる状態でした。柔らかくなった口当たりですけど、まだまだしっかりした果実味がありました。奥さんは、まだ若い!!と言いましたが、僕はこのぐらいの状態が好きです。枯れたワインってあまり好みじゃないんですよね。

Nous avons bu une bonne bouteil de bordeaux. Connétable Talbot, Jaint Julien AOC, 2007
Je l'ai acheté au foire de vins  au E:Leclerc à Bois d'Arcy. A 13.5 Euros. Incroyable, ça nous coût plus que 3500 JPY(35 Euros) au Japon.
J'ai pensé que cette bouteille avait de l'effet par chaleur de cet été. Le couleur du carre est un pet brun, mais le fruit du raisin bien s'anime.
Ma femme a dit que c'était trop jennee, mais je préfère le vin pas trop vieillé.

Coin con

2011年12月8日木曜日

最後の晩餐 La derniere table en France

二年半のフランス駐在の最後の夜、意外とあっけなく終わった引越し後にパリのお気に入りのレストランで最後の晩餐をしました。
Le Beurre Noisetteと言うビストロです。
http://www.lebeurrenoisette.com/
パリの外れにあってあまり観光客は来ない店ですが、パリの新ビストロ、みたいな日本の雑誌にしっかりと紹介されているようで、ある晩は僕らも含めて3組も日本人が、なんてこともありました。
まあ、このレストランはいつ行ってもイヤな目にあったこともないし、いつも美味しい料理を出してくれました。気に入って何回も通っているレストランなのに給仕の機嫌が悪くてがっかり、なんてこともフランスではありますから。

Olympus E-PL1 17mm F2.8
奥さんが頼んだフランスの春の風物詩白アスパラガス。

鰯のマリネだったと思う。
長男の陸が頼んだカサゴのポワレ。美味しそう。
奥さんが頼んだメインのポークロースのグリル?
ワタシが頼んだマグレ・デゥ・カナール、と同じカナールのパイ包み。絶品。
マグレはフォワグラを取ったカモやガチョウの肉で柔らかくてとても美味しいです。
理由は忘れましたが、メインが来たところで両親を怒らせて、お預けを喰らう陸。

次に出張でパリに行くときはまたここで夕食をしたいと思います。


2011年12月7日水曜日

渓太のフランス語 Le français de Keita

フランスの学校で2年半を過ごした次男・渓太。おじさんのワタシよりずっと綺麗なフランス語を話しました。しかし、相変わらず良く覚えている単語に関してはとても綺麗な発音をするし、フランス語の会話を良く理解するものの、この8ヶ月で話す能力は、残念ながらずいぶん衰えてしまいました。
こんな宝物をただの石にしてしまうのは本当にもったいないので、なんとか渓太にフランス語に触れる機会を増やそうとあがいています。
9月から日仏家族会が実施している勉強会に参加することにしました。勉強会といっても、殆どは遊びですけど。この前の日曜日はクリスマス前のレッスンと言うことで、午前中に急ごしらえの練習をして、親たちの前で劇を披露してくれました。もちろんフランス語です。
ワタシにはなんの劇がちーっとも判らなかったのですが、渓太は救急隊員の役のようでした。僕意外の全員がゲラゲラ笑っているのです。

渓太の頭には依然、日本語とフランス語の二領域が生きていて、フランス語の環境におかれると即座に切り替わるのは、とても凄いことだと再認識しました。

Mon fils Keïta qui passait plus que deux ans dans les écoles français. Il parlait beacoup beau français que son papa.
Mais, quand méme il toujours comrrendre des coservations bien, par contre son talent à parler est devune moin jour à joiur.
Je fais tout ce que je peux de lui donner des occasions d’être exposé au français.
Depuis séptembre derniére, il joind aux ateliers pour parler français par une association des familles franco japonais au Japon.
Dimanche, les enfants ont préparé un spectacle le matin, et ils nous ont joué.
Je n’ai pas pu bien comprendre ce contenu du spectacle, mais Keïta a joué le spécialiste dans l’unbrance.
Dans la téte de Keïta, toujours les deux regions des lunges existent, et le côté français commence à marcher immediatement depandant des situations.

Coin coin

オンフルール Honfleur

じりじりと帰国が迫る4月末、最後のあがきにセーヌ川河口の町オンフルールに行きました。日帰りです。引越しが数日後に迫っているのに。
我が家の苦手な朝早起きをしてまずはパリ郊外のジヴェルニーに寄りました。クロード・モネの家と庭園がある村です。ここは花が咲く季節限定の開園で、そして少しでも出遅れると観光客で一杯で入場するのにも1時間待ちになってしまいます。でも、フランスは早起きは三文の徳が実践できる国です。フランス人はあまり早起きが得意ではないので、早めに行動すると意外とスムーズに事が運ぶことも多いです。開園前に到着して、殆ど一番乗りで入場できました。

モネの日本庭園も見ものですが、それよりもモネの館の中に所狭しと飾られた浮世絵に圧倒されます。どれもこれも美術の教科書に出てくる国宝級のものばかり。それが、オランジュリーでもなく、国立美術館でもなくフランスの片田舎に一杯!!

2012年のモネの絵のカレンダーを買ってセーヌ川の河口の町、オンフルールに向かいました。
到着したら昼時でさっそく港に沿ったレストラン街のレストランに入りました・・・
教訓:観光地ではムール貝は食べるべからず。
臭い泥の詰まったムール貝にがっかり。
でも街はとても美しかったですよ。


街をそぞろ歩いた後は子供のお楽しみのセーヌ河口へ。
私は貝がいないかそこたらじゅう掘り返しましたが、ただの一つも貝は出てきませんでした。こんな広大な河口なのに。
小春日和とは言え、まだまだ水は冷たいですが、フランス人は泳ぎます。4月23日ですよ!?

 最後まで、美しいフランス、そして丈夫なフランス人を堪能した一日でした。

Nous avons voyagé en Honfleure à l’estuqire de la Seine à fin avril 2011, quand méme c’était juste avand le demenagement.
Le matin, on est passé au Giverny au binlieue de Paris. C’est un villlage dont il y a la maison de Craude Monet et son jadrin.
Cette maison et jardin est ouvert seulement aux saisons de fleur. Si nous arrivons en retard, on doit attendre plus que une heure pour entree. Par contre, il marche ce que partir bon heure, parce que le français ne se lêve pas tôt.

Le jardin japonais de Monet est trés beau et ça vaut la peine d’être vu, mais plutôt les estampes japonaises de l’époque d’Êdo(du 1603 au 1868), par Utagawa HIROSHIGE, Katsushika Hokusaï etc.
Comme ça,

Comme ça,

Ce sont les estampes des trésor national trés précieux. Ils sont à la campagne en France, ni à l’Orangerie à Paris ni au Musée national japonai à Tokyo. Il faut venir !!

Nous sommes allés à Honfleure à l’estuqire de la Seine.
Quand nous sommes arrives, c’était le temp à déjeuner. Nous avons mangé des moules dans un restaurant en face du canal…domage, des moules ont eu goüts trés mauvais parce que quelques coquillage ont eu de la vase sentant mauvais. Plusieur fois, on a trouvé des moules comme ça dans des restaurants dans regions touristiques.
Mais la ville d’Honfleure est trés bell.

Nous sommes allés à la plage prés d’Honfleur, à l’estuqire de la Seine.
J’ai chercé des coquillages, mais aucun coquillage n’ont exisité pas.
Il faisait assez beau, mais toujours le d’eau de la plage a été trés froide. Le français nage. C’étais le 23 Avril!!

C’étais une journée que on a été trés content à France et ont vu le franàais robuste.
Coin coin