2014年8月28日木曜日

渓太との四国ツーリング その5 Le voyage en moto avec Keïta à Shikoku, No5

5日目 7月30日(水)


恵比須浜キャンプ場でいつも通り簡単な朝食中。去年ほどではありませんが、獰猛な蚊に、ムシムシの夜に嫌気がさした渓太、ここに連泊するのは絶対イヤと言い張ります。ワタシもイヤなので荷物を片付けて出発します。


今日は日和佐川で一日遊ぶ日です・・・が夕方からは雷雨の予報。
まあ、取り敢えずは晴れ間も出ているので日和佐川に行きます。今夜泊まるところは出たとこ勝負。

去年、陸と手長エビを一杯獲ったところに来ました。ワタシは投網で鮎を狙いますが、一尾も捕れませんでした。程なく手長エビ狙いにスイッチ。が、去年ほどは暑くないので水温が低く、長く水に浸かっていられません。体を水に漬けずに済むテトラの周りの小物狙いになってしまいました。

昼過ぎに早くも雲行きが怪しく、山の方では雷鳴までしてきました。早いよ~。

雷雲が近づいて来たので撤収。
日和佐の道の駅に着いたところで土砂振りになりました。

いつものように、そんなには振らないよね~、と希望的観測をしつつお昼ごはん。
道の駅で売っていた鱧! とても美味しかったです。いいなぁ、ワタシの子供達、幼少のころからこんなもの食べて。

四国お遍路の札所の目の前にあるこの道の駅、実にいろんな人が雨宿りをしていました。徒歩でお遍路をする人、しかも何回目とか。自転車やバイクで日本一周中の人、などなど。我々は道の駅に着くなり年齢不詳のお遍路数回目?のおっちゃんに捕まりました。

一向に雨が止む気配がないのでおっちゃんに傘を借りて、徒歩で大浜海岸の海亀博物館にやってきました。

土日じゃないので海亀のお八つタイムがなくて残念でした。

道の駅の斜向かいにある温泉でさっぱりして、道の駅から駅を跨ぐ跨線橋をわたってすぐのスーパーで買い物をして夕食タイム。なんて楽ちんなんでしょう。

まずは日和佐川で獲った手長エビを塩茹でにします。


美味しかったなぁ。ビールの友。

夕食は道の駅でお知り合いになった自転車とバイクの日本一周旅行中の若者と一緒に食べました。
マサキさん(左)に、しろさん(右)。


いいなぁ、ワタシも自転車でゆっくり旅行がしてみたいです。

ちなみに夕食の主菜は日和佐で上がったでっぷりとした鯵の刺身でした。ぜっぴん、でした。

日暮れ前にようやく天気が回復したのでした。

今夜は放浪中の彼らと一緒に道の駅にテントを張って寝ることにしました。ごくらく。

寝る前に近づきつつある台風が気になってフェリー情報をチェック・・・!?! なんと乗るつもりでいた明後日の金曜日の便が欠航。船が座礁して修理だとか。明日木曜昼の便に乗るか土曜の便に乗るかしかありません。(自走で帰京は渓太の体力上選択外)。

うーむ、どうしよう、日和佐川で遊ぶのが最終目的なのに、ほとんど遊べずに明日帰るか、無理やりこの辺りで2泊して土曜の便で帰るか・・・恵比須浜キャンプ場で泊まらないとなると行き先に困ります。あんまり遠く(四万十川とか)に行くわけにも行かないしなぁ・・・


Mercredi 30, 5éme jour du voyage en moto avec Keïta à Shikoku

Keïta est en train de petit déjeuner sample. Ce n'était pas trop terrible comme l'année dérnière, mais il y a beaucoup de moustique féroce, et en plus il fait trop chaud et humide dans ce terrain camping. Keïta dit que il ne veut jamais rester ici. Moi aussi, je ne veux dormir dans la tente ou mon fils est de mauvaise humeur disans il fait chaud.... Nous partons.

Aujoud'hui, c'est un jour que on nage, pêche dans la Hiwasa rivière. La Hiwasa rivière, c'est une rivière très belle, elle n'a pas de barrage, ni coopérative de pêche, en plus en n'est pas trop grande, par conséquent, nous sommes livres dans cette belle rivière. Je peux dire que on a voyagé pour jouer dans cette rivière.
...Mais la prèvision météo dit que il plouvras à partir de la fin d'après midi.

Nous somme venus dans la méme place ou je étais venu avec mon fils l'ainée dèrniere. j'ai essayer de pêcher des Ayus, mais je n'ai pas attrappé aucune poisson. Le Ayu est un poisson trop intelligent. Ils bien regardent le filet que je lance, en plus ils s'enfuient par le boud et le fond de la rivière. peu après j'ai renoncé et commencé de pêcher des craivettes avec Keïta.

Le midi à peu près, le temps devient maivais, on a écouté du tonnerre autour des montanges. C'est beaucoup tôt que la prévision météo et ma espérance.
On est arrivé à la gare de route à Hiwasa, il a commencé la pluie torrentielle.

On a jéjouné là-bas en espérant qu'il pleut que un peu, comme toujours. On a mangé du Hamo.

On a rencontré beaucoup de voyageurs à la gare de route à Hiwasa qui est situé en face d'un temple du pèlerinage d'ils de Shikoku. Ils voyagent à pieds, en vêlo, en moto, avec chien...

Parce que la pluie n'a pas semble à finir, on est allé au musée des tortues de mer à pieds.

Jusqu'à la fin de l'après midi, il a plu. J'ai renoncé d'aller un autre terrain de camping, et j'ai décide de faire camping à la gare de route. En face de la gare de route, il y a une source thermale, et un supermarché dans 5 minutes à pieds. C'est très facille.

D'abord, j'ai cuit des craivettes que on a pêché à la rivière dans l'eau salé. Ils sont délicieux soutout avec de la bière.
On a mangé avec les voyageurs jeunes au tour au japon en vélo et en moto. En fait, je les ai invité au dîner. Bien, je veux voyager en vélo un jour.
Le plat principale a été des sashimis, un poisson cru de chinchard. Manifique!!

Avand de se couché, j'ai regardé le site de web de la société du bâteau entre Shikoku et Tokyo. !!? Le bâteau de vendredi matin a été annulé!! Ah, on doit prendre le bâteau demain matin ou samedi matin. Trop cours ou trop longs.

Coin coin,

2014年8月24日日曜日

渓太との四国ツーリング その4 Le voyage en moto avec Keïta à Shikoku, No4

4日目 7月29日(火)

川から吹く風が気持ちの良い夜でした・・・思えば、一週間のツーリングでここの夜が一番心地良かったなぁ。

今日も天気が良く、夜露で濡れたテントもあっと言う間にカラカラです。

荷物を積み終わる頃には汗だく。この当たりから渓太はバイクに乗る時も半袖半ズボンサンダルになってしまいました。後ろで「暑い(熱い)~」とグズられるので。

今日はこんなルートで徳島県は美波町の恵比須浜キャンプ場に向かいます。


予定通り10時半頃和歌山港フェリー乗り場に到着。南海フェリーで徳島に渡るのです。

昼過ぎに徳島に到着。クジラみたいですね。

国道を避けて鮎が居る勝浦川などを眺めながら南下します。
家から持参した黒糖焼酎が切れてしまったので、 徳島県那賀郡那賀の那賀酒造に寄ってみました。
純米吟醸生原酒2009醸造を4合瓶で購入。珍しく古酒を買ったのですが・・・

15時頃美波町(旧日和佐)の恵比須浜キャンプ場に到着。三方を海に囲まれたこのキャンプ場、特に夏は湿気が多く、獰猛な蚊がウヨウヨ居るのですが、この当たりにはあまりキャンプ場が無いので、日和佐川で遊ぶとなるとどうしてもここということになってしまいます。その代わりと言ってななんですが、日和佐の大浜海岸に海亀が産卵に上がると、夜中でも見学のお誘いをしてもらえる良い場所でもあります。さて、今夜は海亀は来てくれるでしょうか。

今日は洗濯などして川遊びはなし。

かんぱ~い。
美味しそうなカツオの半身を買ってきて刺し身にしたのですが、皮が上手く剥がせず、なんだか食感が悪い刺し身になってしまいました。

純米吟醸生原酒の古酒は熟成に伴う味が強すぎてワタシにはダメでした。


・・・そう毎年上手く行く訳ないと思っていましたが、11時半ごろ海亀上陸とキャンプ場の管理の方が起こしてくれました。

撮影は禁止なので写真はありません。キャンプ場から大浜まで少し距離があるので、海亀の卵が産み落とされるところは見ることはできませんでしたが、渓太は砂の穴の中の卵を見ることができたようです。そして今回は海亀が穴を埋め戻して、海に帰って行くところまで見ることができました。
こんな感じ。 写真はWebより拝借。

夜はやはりとても蒸し暑く、去年の陸ほどではありませんでしたが渓太もグズグズ。良いけど、しんどいキャンプ場です。

Mardi 29, 4éme jour du voyage en moto avec Keïta à Shikoku

Nous avons avancé de l'Hikigawa rivière jusuqu'à Minami ou Hiwasa à Tokushima préfecture.
De Wakayama à Tokushima, on a passé sur la mer en beateau.

On a avancé au bord des belles rivières, et on est arrivé au terrain camping à la Minami ville vers 15h. Comme d'habitude, on utilise le terrain de camping d'Ebisu-hama. Cette place est comme un il, qui est entouré par 3 cotés de la mer et port, etant très humide en été, en plus ayant beaucoup de moustique.
Pourqois nous venons encore???

Un toast !!

A minuit, le gardien du terrain camping nous a réveillé. Il dit "Une tortue est sur la plage pour frai !! Si vous voulez la voir, vous devez vous dépêcher à la plage !!"

Quand on est arrivé à la plage, le frai a été presque finit, mais Keïta a pu regarder des oeufs. En plus, normallement on peut regarder jusqu'à la fin du frai, cette fois, le proffeseur des tortues nous a laissé regarder jusqu'à la mère rentre dans la mer.

Bien !! Les de mes enfants ont regardé un frai de tortue.

Coin coin,


2014年8月17日日曜日

渓太との四国ツーリング その3 Le voyage en moto avec Keïta à Shikoku, No3

更新が滞って申し訳ありません。
家族でキャンプに行ってきました。その記事はまた後ほど。渓太とのツーリング記事の続きです。

3日目 7月28日(月)

今日は銚子川から和歌山は日置川(ひきがわ)まで行きます。
今日の移動は短距離ですが、ずっと下道でちょこちょこ寄り道します。

出発してものの10分ですが、まずは尾鷲市内の尾鷲神社へ。
樹齢千年以上の大楠らしい。

高速道路建設のトラックだらけの国道42号線を避けて、国道311号線をくねくねと南下します。川がある度に覗きこんで、鮎が居ないか見ながらのんびりと進みます。熊野で一旦42号線に合流しますが、すぐにまた県道で内陸へ。

今度は引作神社の大楠を見に来ました。樹齢1400年以上、らしい。すごいですね、1400年前といえば、第一回遣隋使や、聖徳太子のころです。

引作神社の狛犬。

渓太が寝てしまったので、寄り道して那智の滝へ。案の定あまり感慨なさそう。

お次は古座川の一枚岩へ。
これはとても迫力がありますね。那智の滝よりずっとインパクトがあります。

国道42号線を「すさみ町」まで西進します。ツーリングマップルで紹介されていたイノブタの肉が買えると言う肉屋に行って見ましたが廃業していました。11年前のマップルですからね。

16時過ぎにようやく日置川中流の向平キャンプ場に到着。
1700円。バイク旅行には少々高いですが、川の目の前の良いキャンプ場でした。

キャンプ場目の前を流れる日置川。

悪くはないですが、ダムの下流なりの水質です。渓太は水に入ろうともしません。

キャンプ場の川向うにあるえびね温泉にやって来ました。徒歩10分弱。お風呂に入った後にヘルメットを被らないで済むのは本当に嬉しいです。源泉掛け流しの良い温泉でした。

温泉の帰り道、キャンプ場の入り口で得も言われぬ香りに足を停めました。梅酒のような香りが漂ってきます。人の気配がしたので声をかけると、梅干しを作っているとのことで、見学をお願いしました。
建屋のなかには大きな発酵樽が並んでいます。

液体の梅が漬け込まれているようです。 工程が良く分からないので質問したかったのですが、働いていたオバちゃん二人、照れくさいのか忙しいのか(その両方か)、質問してもすぐ向こうに行ってしまうのです。

この桶は表面が一面白黴で覆われています。

発酵?を終えた梅はビニールハウスの中で干されます。

まだ食べられる状態じゃないよなぁ、と思って聞いてみると、また一次工程らしい。

隣の家族連れにビールを一本頂きました。乾杯。 なぜ変な顔?
今日は珍しく明るいうちに夕食に取り掛かれました。

Lundi 28, 3éme jour du voyage en moto avec Keïta à Shikoku

Aoujoud'hui, on va de la Tyoshi rivière à la Hikigawa rivière. Ce n'est pas loin, mais on passe beaucoup de places sans utiliser autoroute.

Aprés du départ de la Tyoshi rivière, on s'estarrétes à l'Owasé temple. Il y un grand arbre qui a plus que mille ans/

On va sur les route moins trafique plus isollé plus loin en évitans routes nationale principales.

On a passé à l'Hikisaku temple, qui a aussi un grand arbre qui a plus que 1400 ans !! C'est la presqu la méme epoque que la prepière histoire ou document au Japon.

On a avancé au bord des plages belles.

Après le déjouner, parce que Keïta a tombé à dormir en moto, on est venu à la Nachi chute d'eau, une de plus grande chute au Japon. Cette region de Nachi est un de patrimoine mondial. Il y a beacoup de voyager etrangers. Mais, Keïta n'était pas bien intéressé à la chute...

On s'est arrétés à la Koza rivière pour regarder une roche la plus grande au Japon. C'était plus impressionant que la Nachi chute.

Nous sommes arrivés au terrain camping vers 17h. C'est en face de l'Hikigawa rivière. La qualité d'eau de la rivière n'est pas mal, mais à cause de la barage, ce n'est pas bien belle pour nager. Domage.

On est allé à la source thermale "ébiné onsén" en face du terrain camping. C'est bien qu'il ne faut pas mettre casque après le bain. La source thermale a été trés bien.

En face de l'entré du terrain camping, on a trouvé très bon arome de prumne. C'est une ferme de Umeboshi, prune confite dans du sel. On a demandé aux femmes de la ferme de voir la ferme.

C'est un jour bien amusant.

Coin coin

2014年8月10日日曜日

渓太がDELF試験Prim A1に合格したこと Keïta a reussit l'examen de DELF Prim A1

7月6日に渓太が受験したフランス国民教育省フランス語資格試験DELF、レベルPrim A1の合否通知が届きました。


なんと100点満点で96点(!)でadimis・合格しました。

試験構成は大人向け試験と一緒で以下の4項目から成ります。1項目でも5点を下回ると不合格。
CO 聴解:25/25
CE 読解:23/25
PE 文書作成:23/25
PO 口頭表現:25/25

危惧された作文も23点です。
フランス語の先生・エマニュエルも、エクセプショナル!!(例外的な、異例の)だって。

ほんとうに偉いぞ。


Keïta a reussit l'examen de DELF Prim A1
Il a gagné une note exceptionalle, 96 sur 100.

On s'est inquietté son resulta de la Production écrite, mais il a obtenu 23 sur 25.

Son professional du français lui a dit aussi c'était exceptionelle.

Bravo!!

Coin coin,

2014年8月9日土曜日

渓太との四国ツーリング その2 Le voyage en moto avec Keïta à Shikoku

2日目 7月27日(日)

今日は移動せずに銚子川で遊ぶ一日です。

朝ご飯を食べてさっそくターザンロープな渓太
ああ、その姿勢で着水するとさぞかし痛そう、と思った通り、真っ赤なお腹して上がってきました。

午前中はキャンプをしている河原から少し上流のキャンプ場の辺りまで川沿いに上がって見ました。キャンプ場の目の前の大堰堤の下には沢山の魚が溜まっていました。下の写真(Webより拝借)のような美しい婚姻色のオイカワが沢山捕れました。ワタシも水に浸かりながらの遡上なので写真はなし。

午後は魚跳渓へ。
まずは天然滑り台。2年前は怖くて出来なかったけど、

なぜ横向き?

頭を洗っている、訳ではありません。

去年、長男・陸が飛んだこの岩棚から、

渓太も行きます。見てるだけでも怖ぇ~。


どぼん。ワタシには無理です。

さて、夕食のお時間です。
この正体不明な魚を炭火で焼いて食べてみます。

上手く焼けました・・・残念ながら腹ワタの味は今ひとつ。やっぱり堰堤で溜まっている魚はね。


良く遊びました。明日は移動です。

Dimanche 27, 2eme jour du voyage en moto avec Keïta à Shikoku,

Aoujoud'hui, nous jouons à la Tyoshi rivière toute la journée.

Après avoir mangé, Keïta a commenvé de sauter dans la rivière.

Dans la matinée, on est monté de la rivière jusqu'au barage. En dessous du barrage, il y avait beaucoup de poisson. On a attrapé des Ayus et Oïkawa qui ont le couleur de reproduction comme photo ci-dessus.

l'après midi, on est allé à Uôtobikéi, ça veut dire, un ruisseau de montagne ou des poissons sautent.
Keïta a sauté du rocher le plus aute. Ce est pas possible pour moi...

Le soir, on a grillé des Ayus dessus du charbon de bois. C'étais delicieux sauf des éstomacs. Le ayu, c'est un poisson que son éstomac est bon aussi quand ils vivent dans l'eau belle...

Coin coin,

2014年8月8日金曜日

ビストロナガミネで夕ご飯を食べたこと On a dîné au Bistro Nagaminé

渓太との四国ツーリングの記事を書き出したところですが、いきなり脱線します。

7月20日(日)
キャンプに行く予定だった7月の三連休ですが、梅雨明けきらず、天気が今ひとつな挙句に、子どもたちは風邪を引き出したので、家でおとなしくしていることになりました。
3日間食事を作り続けるのがイヤだっ(まあ、そうでしょうね)、と言う奥さんのリクエストで久々に喜多見のビストロナガミネで夕食を食べることにしました。
 
Nikon D600 + Contarex Planar 50mm F2

いつ行っても料理構成や値段が違うビストロナガミネ、今回は、凝った食材ではないですが、なんと夜のコースが1500円!!
ナガミネシェフ曰く、本当のパリのビストロの価格にしたかった、とのことですが、いや、パリのビストロでこんな値段で食べられるとこは、少なくともワタシは知りません。パリじゃ、少なくとも2倍はします。

アペリティフにスペインのカヴァを飲みながらじっくり料理を検討します。しっかりとした腰のあるカバでした。

前菜+主菜の2皿で1500円だし、軽めの前菜もあることですし、今日は小食の渓太にも二皿を食べてもらうことにしました。

そんな渓太の前菜は、
しっかりと味の染み込んだ玉葱のローストのマリネ。美味しかったなぁ。

ワタシは相変わらずのパテ・ド・カンパーニュ。食べごたえのあるパテです。

奥さんとグルメな長男・陸の選択は鶏レバーのコンフィでした。美味い。

おっと、今夜のワインは、
なんとワタシが最も選ばなそうなオーストラリアのピノ・ノワールでした。都内のワイン小売店では最近ワインの値上がりが激しく、手頃な値段で飲めるFronsac、Cotes de Bourg、Castillonと言った右岸、Moulis等左岸のボルドーの中間層ACのワインを見つけることは困難になりつつあるのですが、レストランでも同じことが起きていました。ワタシの好きなボルドーは諦めて、オーストラリアの赤ワインにしてみました。繊細さや複雑さは些か不足ですが、まずまずのワインでした。

奥さんと渓太の主菜は鶏ももロースト。

ワタシは、子羊の煮込み

そして食いしん坊の陸は、
300gまで好きな重さを選べる牛肩のステーキでした。当然300g。写真が下手くそで、ボリュームをお伝えできないのが残念です。

うひひひひ。

あの挙句にデザートにチーズケーキまでぺろっと平らげる陸でした。本当に幸せそうね。

今回もしっかりとしたビストロの味を堪能させてくれたナガミネシェフ。1500円でこの料理を食べられるというのは信じられないことです。フランスの田舎でも行けば別ですが。

Dimanche 20 Juillet
C'est un week-end des trois jours, mais la saison des pluies n'est pas encore finit, en plus, les enfants ont été malade un peu. Finalement j'ai renoncé d'aller au camp et nous avons resté tranquillement chez nous. Mais, famme m'a dis qu'elle ne voulait pas cuisiner 9 fois pendans trois jours. C'est claire.

Nous avons dîné au Bistro Nagaminé à Kitami, Sétagaya.

Le chef du bistro nous propose la vraise cuisine française aux bistoros. Les prix des menus se changent dependant des nouritures. Mantenant, il propose un mene à 1500JPY, 11Euros, pour deux plats de entre et plat principle. Je ne connais aucune bistro à Paris qui nous donne un menu de deux plats à 11Euros à nuits.

Coin coin