2015年9月13日日曜日

二年振りに長男・陸とツーリングに行ったこと J'ai voyagé en moto avec mon fils ainée Riku depuis 2 ans

長男・陸と二年振りにツーリングに行きました。前回は陸が6年生の夏休み、四国に行ったのが最後です。
http://worldmarche.blogspot.jp/2013/08/1-le-voyage-sul-la-moto-avec-mon-fils.html

受験やら中学校になったら土日まで忙しいやらで2年も経ってしまいました。陸はまだ父親とツーリングに行ってくれるそうです。

8月8日(土)

盆休みの初日の大渋滞を避けるべき3時過ぎに自宅を出発、4時前に余裕を持って関越大泉入り口を通過しました。今回同行する先輩U氏とは上里SAに5時集合です。
さすがに肌寒い関越道を一気に六日町まで行き、六日町IC出口のイオンで朝食と、今夜の夕食の買い物も済ませてしまいます。この後は、正直に書くことを許して貰えば希望の品を買える店はありません。

六日町ICからはこんなルートで。
何年か前に二輪車にも解禁になった奥只見を抜けるルートです。
*わかってはいましたが、このルートが二輪車通行禁止だった理由は全く見当たりません。白山スーパー林道と言い、ここと言い、まったくアホですね、道路行政。

くねくねくねくね・・・正直言って好きなタイプの道ではありませんね。

沢が直接道を流れる「洗い越し」で一休み。このような洗い越しが沢山あって楽しいです。通過するときはワタシが脚を上げて前輪が立てる水飛沫を陸に掛けてやりました。

桧枝岐でちょうど昼飯の時間になりました。ツーリングマップルに掲載されていたKそば屋へ。

*箸付ける前の状態です。

がっかりですね。全く蕎麦の味しません。大盛りでなんと1200円。陸の頼んだ山菜蕎麦はゼンマイの塩漬け?がちょこっと小鉢で付いて1200円。二度と来ません。

14時頃、鱒沢川に到着。

虻が一杯居て陸は泳ごうとしませんでした。

7月末に来たばかりの湯の花温泉で汗を流して、今日は16時過ぎから飲んでしまうのです。


たまに一緒にツーリングに行くU氏。

二人で3本づつビールを開けて、陸が腹減った、と言う頃にはけっこう酔っ払い。

茄子のオイスターソース炒め。
バーナーはヨレヨレのユニフレームが登板。SOTO Mukaは信頼度↓で留守番です。

豪華に牛タンにロースステーキでした。ワタシとU氏は酔っぱらってあまり食べられなくなって、600g近い肉の400gは陸のお腹に収まりました。

夜はやっぱり蚊の猛攻。昔は虻も蚊も殆ど居なかったのになぁ。


8月9日(日)
あんだけ飲んだのに、ギリギリ二日酔いではありませんでした。
朝飯食べたら帰途に付きます。


鬼怒川、今市を抜けて帰京、の筈でしたが佐野SAで奥様からSOS受信。ギックリ腰で動けなくなったそうです。奥さんの実家の上尾に行き先変更、奥さんと渓太を拾ってバイクは上尾に置いてワタシが車を運転して東京に戻ることになりました。ひ~ん。

奥さんの実家の三女、クルミ様です。 箱入り娘で、最近は滅多に遊んでくれません。

月山ツーリングは苦行のようだったこと 3日目 Le voyage à Gassan était comme une mortification, 3em jour

7月23日(木) 三日目

夜中中雨が降り続き、朝も弱い雨が降ったり止んだり。とほほ。
でも行きます。


雨でD600を取り出すことができず、写真は全て携帯で撮影

キャンプ場から登山道入り口まではバイクで10分ほどです。小雨の中、百名山一登目登山開始。カッパ着て、傘差しながら登りだしましたが、すぐに余りの暑さにカッパを脱ぎました。はい、何も知らないバカですね。

1時間半程で林から抜け、見晴らしが良くなってきました。同時に横殴りの雨に叩かれる。再びカッパを着ました。


この雪渓を超えたところで突風で傘が折れ、その折れた柄で手を深く切ってしまう。横殴りの雨。山頂までは1kmぐらいですが、ここで撤収。

下りはリフトを使いました。リフト乗り場で、「下から登って来たの?」と驚かれる。ノロノロのリフトの間の雨で靴先まで浸水。

リフトを降りたところの売店でおばちゃんに絆創膏を売ってないか聞いたら、売ってないけど上げる、と言って、消毒までしてくれました。感謝。

昼前テント帰着。靴を脱いで逆さにするとジャーと水が出てきました。

夕方雨が止んだ隙に買い物に出かけました。月山から降りて、街に近づくと晴れているではありませんか。
お風呂を借りた月山志津温泉のお兄さんと天気の話をしましたが、 月山は雨が多い所で、下は晴れていてもこの辺りは雨なんてことは良くある、そうです。


夜は再び雨。東屋の下にも関わらず何もかも湿って来ました。とほほ、な苦行二日目でした。


7月24日(金) 四日目
月山は相変わらず弱い雨が降ったり止んだり。
概ねこんなルートで帰京。福島の白石までは下道で。
東京に着くまで、ずーっと、ポツポツ降ったり何時降っておかしくない空模様でカッパを脱げず。でも気温は30℃を越えて、ダイエットスーツ状態。帰りも苦行なツーリングでした。


Jeudi 23 Juillet,

Je suis monté au mont Gassan, un de 100 bonnes montagnes au Japon, sous la pluie.

Je suis arrivé 1km avant du sommet, mais il a plu fort et le vent a cassé la palapluie, en plus j'ai coupé le main droite par la palapluie cassé. J'ai renonncé et j'ai commencé à descnendre.

Je suis arrivé à la tente êtans en trempé jusqu'aux os. De l'eau a coulé des chaussures suspendus...


Après midi, j'ai decsendu à la ville, il faisait beau là-bas !! Le monsieu à la source thermale de Gassan m'a dit que il plouvais beaucoup ici quand il faisait beau en bas.

La nuit, il a plu encore, toute les choses sont trempé ou humidité quand méme j'ai été dessous du toit.

Coin coin,



2015年9月6日日曜日

月山ツーリングは苦行のようだったこと 2日目 Le voyage à Gassan était comme une mortification, 2em jour

7月22日(水) 二日目

過ごしやすい夜でした。起床後テント内で腹をパンパンにした蚊を数匹血祭りに上げる。
素晴らしい天気です。 7時過ぎに出発。


二日目のルートです。下道のみなので結構長丁場です。

猪苗代湖に到着。良い天気ですが、まだ暑すぎず快適。

お昼過ぎに山形県南陽市の「源蔵そばや」に寄りました。2002年にも来ています。

お浸し。

山菜の天麩羅。 山菜は季節柄殆ど入ってません。

13年前は美味しいと思ったけど、そばは今一つ。そばが一番美味しくない季節とは言え、香りも味もありません。上尾の長橋のそばの方がずっと美味しい。

(携帯撮影、38℃と表示されてます)

13年前同様、山形県は灼熱。 寒河江市で道路の温度計は38℃を指してました。苦行ツーリングの始まりです。

やっぱり遅くなってしまって、18時頃月山麓の志津キャンプ場に到着。平日で明日から天気も下り坂とあって広いキャンプ場にワタシ一人。
*キャンプ場の入口にあった国民宿舎が無くなったのは残念。そこでお風呂を使えたのになぁ。

雨に備えて東屋の下にテントを置きました。

月山志津温泉「仙台屋」で温泉に入って、二日目の乾杯。うぐうぐうぐ~。

そうこうしている内に雨が降ってきました。しくしくしく。東屋内に移動。
前来た時は、涼しくて蚊も居なくて、満点の星空見ながらの夕食だったのに。

今夜も似たような料理です。ベーコン塊が見切り品だったので、それとインゲンの炒め物。ついでにベーコンを焼いて翌日の山登り用サンドイッチを作りました。

MUKAの火力調整は難しい。厚揚げは焦げて、中は冷たいまま。

米も吹いてしまって、鍋蓋で火力を弱めようと努力中。

明日はせめて曇りぐらいになってくれますように。

Mercredi 22 Juillet, le 2ème jour du voyage à Gassan

Il fait très beau, la temprature est parfaite. Je suis parti vers 7 heures.
Aoujourd'hui, je vais jusqu'au mont Gassan.

J'ai passé le lac Inawashiro.

J'ai déjouné au Genzou-Sobaya à Nanyou à Yamagata pref. Je suis venu il y a 13ans aussi. J'ai pensé memoire que le gout de soba nouillet avait bon, mais cette fois, ce n'était pas bon. Le gout de celui à Nagahashi à Agéo Saitama est beaucoup mieux.

A Yamagata pref, il fait trop chaud, la temprature à Sagaé, il fait 38C degrée. C'était la première mortitication du voyage.

Je suis arrivé à la Shizu camping place avant de la couche du soleil.

Coin coin,

月山ツーリングは苦行のようだったこと 1日目 Le voyage à Gassan était comme une mortification,1er jour

7月の三連休の後は有給を取って、山形は月山にツーリングに行きました。海の日の連休の内に梅雨明けしたらしい酷暑の東京を離れて涼しい所でキャンプがしたい、そして百名山初登山に簡単?らしい月山を登りたいのです。

7月21日(火) 一日目

前日の家族キャンプの疲れでぐずぐずと10時ごろ出発。東北道に乗るのに首都高を抜けましたが、渋滞だらけ。山の手トンネル全線とその先数キロの渋滞で早くも茹であがりましたね。


 首都高、東北道、日光宇都宮道、鬼怒川を抜けて南会津へ。

木曜日の天気が早くも下り坂な天気予報なので、今日一気に月山まで行きたいところですが出発が遅めだったこと、首都高の渋滞で大きく時間を取られてしまい、福島の南会津に行き先を定めました。


17時半ごろ南会津湯の花のしらかば公園キャンプ場に到着。温泉が近く、バイクの乗り入れができるのでたまに使うキャンプ場です。


テントを張ったら湯の花温泉の共同浴場へ。近くの民宿・旅館で250円の入浴チケットを買ってくるシステムになっていました。
源泉掛け流しの素晴らしい温泉ですが、常に水を足してないと入って居られない温度です。今回も10秒限定。まあ、夏だし頭洗えてさっぱりできれば十分。
*8月に再び来た時は水が加減良く足されていてじっくり浸かれました。

なんとか明るい内にテントに戻って乾杯。うぐうぐうぐ~。

今回から新しいバーナーを投入。

SOTOのMUKAです。ホワイトガソリンとレギュラーガソリンが使えます。

これまでカセットボンベを燃料とするバーナーを使って来ましたが、同じくカセットボンベ使用のランタンがお亡くなりになったことを機に、カセットコンロシステムから燃料をガソリンにすることにしました。カセットコンロはどこでも手に入るし使い勝手も良いのですが、一週間ものツーリングになるとランタン用と合わせて3本ものガスを持って行く必要があり嵩張るし、最近は空になったボンベを捨てることがなかなかできません。

ガソリンバーナーにも関わらずプレヒート不要という謳い文句にも惹かれました、が、これは実質的には嘘ですね。
点火後に10秒程のプレヒートが行われ、炎が安定した所で追加のポンピングが必要です。

その使い勝手は如何に!?・・・ワタシには全くダメです。最大火力は凄いのですが、バルブの弱火にするとすぐに失火。失火しない火力はワタシには中強火で、何もかもすぐに焦げてしまいます。

ラーメンを作るために素早く湯を沸騰させるとか、大きな鍋と使うような用途には良いのでしょうが、小さいフライパンで弱火でちまちまと、そして多い時には5~7品作るような使い方には全く向きません。

ご飯を上手く炊くのも難しい。吹き上げるまでがあっと言うまで、その後のとろ火ができないので米に火が通る前に焦げてしまいます。

もう、お蔵入りレベルなんですけど、誰かMSRのドラゴンフライと交換してくれませんか?


日が暮れた頃から凄まじい蚊の猛攻。上下ジャージ着ましたが、靴下履かなかったのが敗因、食事とダラダラ酒飲んでいる間に踵周りは腫れる程刺されてしまいました。


Mardi 21 Juillet,

Après d'êter rentré du camping à l'Okitsu-gawa, je suis parti à Gassan à Yamagata préfécture pour randonner.
Parce que j'étais fatigué au camping, je suis parti vers 10 heures, en plus il y avait grandes bouchons dans les autoroutes centre Tokyo, donc j'ai dû rennoncé arriver à la montange le premier jour. Je suis venu à Minimi-Aizu à Fukushima.

J'ai pu arriver au parc de Shirakaba à Minami-Aizu Yunohana vers 17h30. Après avoir monté la tente, je suis allé à la sourse thermale public de Yunohana. La temprature d'eau a été trop choude, donc j'ai pu rester dans le bain pendant 10 seconde.

Cette fois, j'ai pris le noubeau feu, SOTO MUKA. Ce feu ne peut pas faire petit feu, donc ce n'est pas comfortable pour moi.

La nuit, beacoup de moustique m'a attaqué. Je n'ai pas pu rester dehor.

Coin coin,